月別アーカイブ: 2017年6月

偶然が重なった出会い

新潟県 U様

【購入店舗】 ボー・デコール新潟


「偶然が重なる運命の1枚」

アートギャッベを4,5年前から探されていたU様。

イベント際やお店の近くに来られた際に、よく遊びにいらしてくれていたそうですが
なかなか『これは!』と言う1枚に巡り会わなかったそうですが・・・突然の出会い♪


ご新築の際に一枚板のテーブルをと、ご主人の憧れもあったそうでボー・デコールへ
近々一枚板展をするのとのことで、後日改めてご案内を楽しみにしていたそうです。

そろそろ始まる頃ですが、ご案内が届かない?丁度近くに行くことがありホームページを見ると開催中!!
スタッフもご案内を送っていたそうですが、どこかに紛れてしまっていたそうです。

ご来店された際にまずは、楠の一枚板に一目惚れ
その形や節の入り方が何とも表現しがたいですが気に入ったそうです。
実はこの楠の一枚板は、届かなかったご案内の表紙に載っていたのですが
U様を待っていたかのようにお店で待っていてくれたとのコト。

 

そして、いつものようにアートギャッベの展示されている方へ行ってみると


一番手前一番大きなサイズの山の一番上に、念願のアートギャッベとの出会いが逢ったそうです。

触れてみると染めていない原毛特有の肌触りの中でも特別に気持ちのいいアートギャッベ!
このアートギャッベも 県外のイベントに行っていたモノが数日前に新潟に戻ってきたばかりで
スタッフの中でも特に人気があった一枚です。


ご新築の完成まで、どちらもお預かりしていましたが先日お届けに伺ってきました。
アートギャッベと一枚板との久しぶりの再会でしたが、実際に新しいお家に置いてみて
やっぱりこれにして良かったと素敵な笑顔を頂きました。

全国でも沢山のアートギャッベがご覧いただけるイベントで出会いがある方も多いですが、
普段のそんなに多くない展示の中でも出会いがある方もいます。

一枚一枚手作業で織られるアートギャッベは、それぞれに個性がある事もそうですが
陽の当たり方、観る方向、時間帯によって色々な表情を見せてくれます。

いつも観に行っている、全国の取扱店でも何となく気になる一枚があった時は
観る場所を陽ざしの差し込む所で観てみたり、時間帯を変えてみたりすると
思いがけない出会いが訪れるかもしれませんね。
 

 

 

雨が降ったらいい天気!と言って踊ろう

梅雨に入り、雨の日が増えてきました。

 


 

私は傘をさすのがあまり好きではなく、子どものころは外で遊ぶのが大好きだったので

梅雨の時期はやはり憂鬱になっていました。(それでも気合で遊んでいましたが・・・)

 


 

大人になって、車に乗るようになってからは雨で不便さを感じることも少なくなって

雨の中を通る車の音や、雨に濡れた葉っぱの香りを意識して感じられるようになり、

雨の日も悪くないな、と思うようになったものです。

 

私たちは年に3回、イランを訪れるのですが、16回イランに行ったことのある私でも

雨に遭遇したのは2回だけです。

それもほんとうにパラパラとぱらつく程度で、すぐに降りやんでしまいました。

そんな雨が降った時に、隣にいたイランのスタッフさんが、「いい天気!今日はラッキー!」と言ったのでした。

なぜ?と聞くと、イランではめったに雨が降らないから雨が降るといい天気!って言うんだよと

教えてくれました。

日本では逆だよ!場所がかわれば捉え方は真逆だね!とその時いた皆さんと驚いた覚えがありますが

それもそのはず、イランでは年間の降水量が日本の一か月よりも少ない量です。

 



 

一番雨が降る4月でも35ミリほどで、日本だと一日で降ってしまうくらいの量です。

夏ともなると月で2,3ミリほどと、ほとんど雨がふらない状態です。

 

そんな状況で飲料水や作物は大丈夫なの?と心配になりましたが、冬に山に積もった雪が

だんだんと溶けて雪解け水となり、イランの人々の暮らしを潤してくれているのです。

 

以前、日本に手織りの実演に来られたイランの女性は雨を見てとても喜んでカシャンゲ!と言っていました。

カシャンゲとはペルシャ語で美しい、という意味です。

カシャンゲ!と言いながら踊ろう!といって、雨の舞をみんなに披露してくれたのでした。

 

大切な水。それがこの雨からもたらされるという当たり前のことにあらためて感謝しつつ

雨が降ったらいい天気!ありがとう!とイラン流に過ごしてみるのも気持ちが前向きになるものです。

 


 

ちなみに雨の日はアートギャッベが湿気を含んで、呼吸とともに羊の毛のにおいが

いつもより少しはっきりと感じられます。

そのにおいを感じたら決まってこんな風景が頭にふくらみます。

 


雨の日に、自然の恵みを感じながらアートギャッベを楽しむのはいかがですか?

じゅうたんが教えてくれること。身近なものこそ自然のものを。

以前、アートギャッベ提携ショップのスタッフさんから
素敵なエピソードをお聞きしたのを思い出したので、ご紹介させていただきます。

 

アートギャッベをお選び頂いたお客様が、使い始めてからお子様の描く絵の
色遣いが変わってきて、アートギャッベに入っている色を使うようになってきたそうです。
 

 

じゅうたんはとても身近なものだからこそお子さまの豊かな感性に変化が見られて、
機能的な面だけでなく、こういう変化があると本当に使ってよかったと感じる瞬間でもあります。
 

その変化に気づく親御さんの愛情も素晴らしく、とてもあたたかな気持ちになったことを覚えています。
 
 
 
他にはこんなことがありました。
 

お店で楽しくお子さまも一緒に見ながらアートギャッベをお選び頂いた日のこと。
 

いざお届け、とお客様のお宅にお邪魔したのですが、それまでお使いになっていたラグをもう使わないので、

ということでお引取りすることになっていたのです。

 
しかし、引き取ろうとすると、お子さまが「絶対に嫌だ!」とものすごく泣いてしまいました。

そしてそのラグを引き取ることはやめることになりました。
 

お子さまが小さな頃から使っているブランケットなどを、ずっとそれがないと安心して眠れないから

大きくなるまで使っているということがあります。

それと同じで、じゅうたんもお子さまにとって、ずっと肌に触れながら、身近で包み込んでくれる存在。
 


 
それがなくなってしまう、ということに大きなショックをおぼえたのだと思います。
 

だからこそ、そのじゅうたんが、自然のもの、気持ちの良いもの、草木染の優しい色合いのものだったら。

そこから育まれる心や感性はとても大きいものがあるのではないでしょうか。

「さわる」という行為からどんどんと遠ざかっている時代に

私たちがインターネットでアートギャッベを販売しない理由

 
 
それはアートギャッベをさわって選んで頂きたいから。
これが一番です。
 
 
さわることってとても大切だと考えています。
 
今はインターネットの急速な進化で「さわる」という行為からどんどん遠ざかっている時代。
 
 
家に届いて、初めてさわる、ということが増えています。
 
 
私事ですが、2歳の娘はお店にいくと、とにかくいろんなものをさわるさわる。
こちらはひやひやしながら、さわらないように。と伝えます。
 
でもある時ふと思ったんです。
 
 
きっと、子供はいろいろなものをさわりながらその物体がなにものであるかを知り、成長していっている。
そう思うと、やみくもに注意する、というのは危険な気がしてきました。
 
ある人は、同じ仕事をする相手と必ず握手をする、と言います。
 
 
そこから得られる実感、生きているという行為を省略したくないと。
 
確かに、握手から伝わってくる手のぬくもり。とても大きなものだと感じます。
 
 
 
アートギャッベも「さわる」という行為から伝わってくる大切なことがあると考えています。
 
 
 
 
羊の毛が持ち合わせた個性
 
月日をかけて織られたという実感
 
手仕事だからこそ、不完全だということ
 
 
 
 
そんなことを、お客さまと一緒にさわりながら感じて、一枚のアートギャッベを深く深く感じていきたいと思っています。

ギャッベの選び方 【色合い編】

ギャッベを選び時に皆さまが迷う理由。

一番はいろいろな色合があるからではないでしょうか?

 

どんな色にしたらいいんだろう?決められない・・・

そんなお客様の声を多くお聞きします。

 

そこで今回はギャッベを選ぶ際の色選びのポイントをまとめてみました。

ポイント

① 草木染めで優しい色合いのアートギャッベならいろいろな空間にマッチします
② はじめから色を絞り込みすぎると、これ!というギャッベと出会うのは難しい
③ アクセントにするか、空間に馴染む雰囲気にするか
④ おすすめは絵のように、本当に気に入ったものを購入すること
 
① 草木染めで優しい色合いのアートギャッベはいろいろな空間にマッチします
 
ギャッベの糸は伝統の的な草木染めで染められるものが少なくなり、化学染料のものも増えてきています。
 
しかしアートギャッベは草木染めで優しい色合いのものを現地で一枚一枚厳選しているためさまざまな空間に無理なくマッチします。時には素敵なアクセントに、時には家具をひきたたせる存在として活躍してくれる色合いです。
 
 
② 初めから色を絞り込んで探すと、これ!というギャッベと出会うのは難しい
 
お部屋にこの色が合うと思うから、一年中使いたいから、この色が好きだから・・・。さまざまな理由でお店に来られる前から特定の色を探してご来店されるお客さまも少なくありません。
 
同じデザインで色が選べるラグであれば、こんな色が良いなと決めて選ぶのも良いでしょう。
 
ただギャッベの場合、この色が良いと決めて選んでしまうと一気に選択肢が狭まってしまいます。
 
 
こちらはある展示会の風景。
 
展示が多いフェアでギャッベをご覧になったとしても200枚から300枚。

たくさんある!と思っても、その中でリビングに170×240㎝くらいのサイズを敷きたい、と思うと展示枚数は20枚~30枚ほどです。
お客様の中では緑の明るめが良い!と言って探しに来られる方もいらっしゃるのですが、
染色の関係で緑のギャッベは比較的少なく、その中で明るめの緑、となると1枚あるかないか、となってしまいます。これではせっかくのギャッベ選びの醍醐味を味わえません。
 
アートギャッベをお選びになった時、お客様がおっしゃる言葉でとても多いのが「この色を自分が選ぶと思わなかったわ!」というもの。好きな色合いや希望の感じがなんとなくあったとしてもそれを超える出会いがあるからこそギャッベの楽しさを味わえるというもの。そして普段選ばなかったり、意外性のあるものを良いと感じて選ぶと自分の中の感覚や価値観が広がることにもつながります。
 
③ アクセントにするか、空間に馴染む雰囲気にするか
 
せっかくなら空間の主役になるような一枚を選びたいでも、でもなかなか勇気がいるし・・・
空間に自然と溶け込むナチュラルな雰囲気も捨てがたいなぁ・・・。
ギャッベ選びの時にはさまざまな思いが駆け巡ります。長く使うからこそ、無理もありません。
 
たとえばお部屋のアクセントにする場合
 
 
このように床やソファの張地などとはっきりと違う色合いをもってくると、コントラストがついて良いアクセントになります。それぞれが強烈な色合いではないアートギャッベだからこそ、どの色も違和感なく敷くことができます。
 
続いて、お部屋に馴染ませる場合はこんな雰囲気です。
 
 
明るい色合いの床ですと、色を染めていない羊の毛で織られたものや
優しい色合いのトーンで表現されているものも、空間にすっと馴染んでくれます。
 
例えば赤のアートギャッベを敷いたとしても、明るめのトーンのものだとしたら
意外と空間に馴染んでくれます。
 


 
こちらは深めの色合いの床の場合。
 
 
先ほどと違って、少し深めのトーンの色合いをもってくると馴染みます。
 
色というよりも、その色合いのトーン、明るさで馴染んだ雰囲気になるか、アクセントになるかが決まってきます。
 
アクセントにするか、馴染ませた雰囲気にするか。お客様のお好みはどちらですか?
どちらも捨てがたい!というお客様も多いので、どちら!と決めずに見ていくのも良いかもしれません。
 
④ おすすめは絵のように、本当に気に入ったものを購入すること
 
ギャッベを選ぶ時のおすすめは絵のように、本当に気に入ったものを選ぶことです。
絵を購入する時、この色がいいかな?こんな柄がいいかな?とはっきりと決めて選ぶ方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
 
あぁなんか素敵・・・と感じて、じっくりと見てますます良いと感じて思い切って選ぶ。そんなスタンスでいると、良いギャッベと出会えるかもしれません。
 
まとめ
 
① 草木染めで優しい色合いのアートギャッベならいろいろな空間にマッチする
② はじめから色を絞り込みすぎると、これ!というギャッベと出会うのは難しい
③ アクセントにするか、空間に馴染む雰囲気にするか
④ おすすめは絵のように、本当に気に入ったものを購入すること
 

 

皆さまのギャッベ選びが楽しいものとなることを心から願っております♪

保存

保存

保存