月別アーカイブ: 2017年7月

前にも後ろにもアート ギャッベ

6年前に開催されたイベントで、茜色のアート ギャッベに出会われたK様
リビングの白いソファ前に鮮やかでいて深みのある赤いギャッベに心惹かれたそうです。

小学生だった息子さんも高校生になりましたが、部活で疲れた後もギャッベでゴロゴロすることも!

                                                       170㎝×240㎝ほど

写真では、リビングの隣にある畳のお部屋にアートギャッベが敷かれていますが・・・
そうです!
久しぶりの柏でのイベントにご来場いただき、染めていない白やグレーの原毛
と草原のような緑色のアートギャッベに出会われました。

                                                       170㎝×240㎝ほど

ご夫婦で会場に来て、いくつかのアートギャッベが候補にあがり、御自宅で4枚ほどの候補の中から
息子さんも一緒になって選んだのはご夫婦が会場で一番気に入っていたアートギャッベでした。

一緒に過ごしている家族は、やっぱり同じような感性になるのでしょうか!

そして、もう一人いつもリビングで過ごしている大切なお嬢さん♪


チャムちゃんも芝生のようなアートギャッベを敷いた時が、一番穏やかにリラックスしていました。
いつもお留守番しているワンちゃんも一緒に選んだ素敵なアートギャッベ、6年間目の前にあった茜色のギャッベは
チャムちゃんを挟んで反対側へ、季節や模様替えの際にたまに入れ替えてお使いになるそうです。


家族みんなで、アートギャッベライフを楽しんで下さいませ。

 

全国で開催しているアートギャッベ展の会場では、椅子の座面や車のシートにピッタリなサイズ

 

玄関やお座布団代わりにピッタリな60㎝×90㎝、80㎝×120㎝ほどのサイズ

 

ソファの足元やベットサイドに丁度良い100㎝×150㎝、120㎝×180㎝ほどのサイズ

リビングにアクセントとなる150㎝×200㎝、170㎝×240㎝ほどのサイズ

家族でゆったりゴロゴロできる200㎝×250㎝、200㎝×250㎝ほどのサイズなど


様々な大きさの厳選したギャッベを200枚以上ご覧いただけます。

皆様、是非会場に遊びに来てみて下さいませ。

 

全国のイベントはコチラ

アートギャッベのお届けに伺ってきました。

以前もご紹介させていただいたS様

 

柏でのイベントにも たまたま用事があってお立ち寄りいただき、またまた出会ってしまいました。

今まで玄関でお使いの茜色のアート ギャッベから


今回は、緑と黄色が爽やかな1枚に衣替え♪


敷物の色合いが変わると玄関の雰囲気が変わりますね。

60㎝×90㎝位の大きさは、このように玄関でも
デスクの足元やベットサイド、座卓周りの座布団変わりなど
色々なところでお使いいただけます。



 

お気に入りを色々なところで楽しむのも、小さめサイズならではの楽しみ方ですね。

S様の今までお使いの茜色のギャッベは、何処にお引っ越ししたかについては
また、報告させていただきます!

全国の取扱店

全国のイベント情報

 

ギャッベは夏も気持ちいいの?

真夏にじゅうたん展?夏も使えるの?と聞かれることがありますが、
ギャッベと言われている絨毯すべてが夏も心地よく使えるかというとそうではないギャッベもあります。

私たちがご紹介している「アート ギャッベ」は、夏も心地よく使うことができると言うより
夏の方が好きと言って頂くお客様が多くいらっしゃいます!

アートギャッベは、素材である上質なウール、熟練した織子さんの丁寧な織り以外に
手間を惜しまない職人さんの手が入る工程があります。



織子さんによって織り上げられたギャッベは、仕上げの工程で何度も丁寧に洗いをかけてトリートメントをすることでなめらかな仕上がりになるのです。



実際にギャッベをお使いになっているお客様のなかにも
「ここのギャッベは、うちで使っているギャッベとは肌触りが違う」と言われることもあります。

一番の違いは、ウールの質や手間をかけた工程もありますが、選定人が現地イランの工房の中から一枚一枚触れながら、細かなチェックを行ったうえで選んできていることがあります。


私たち日本人の暮らしでは、座卓を囲んで食事をしたり、床に寝っ転がったり、小さな子供がおもちゃを広げて遊んだりと靴を脱いでお家で過ごすため、この肌ざわりが敷物を選ぶうえでも大事なポイントです。

 

 




薄着になる季節だからこそ、さらさらとしたなめらかな肌触りを体いっぱい楽しみたいですね。

 

全国のアートギャッベ取扱店にて、実際に肌ざわりを確かめてみて下さい!

アートギャッベ取扱店

全国のイベント情報

 

ギャッベの選び方 【タイミング編】

皆さまギャッベを選ぶタイミングは悩まれるところではないでしょうか。

 

 


 

一点ものだし、気に入った時に選ばなければなくなってしまう、と思う反面

いいなと思ったものがあったとしても買おうと思っているタイミングではなかったり。

ご新築のお客様はまだ家が完成していない中で選ぶ不安もあるのではないかと思います。

ソファより先に選ぶか後に選ぶか、これも迷うところではないでしょうか。

そこで、今回はご新築の方を対象に、いつのタイミングでギャッベを選べばよいかの

参考になるお話をご紹介させて頂きます。

 

【目次】

⓵  ラグを選ぶようにギャッベを選ぶと難しい?

⓶  ソファより先に選ぶ?後に選ぶ?

⓷ 出会った時が買い時、と言われる理由

 

 

⓵ ラグを選ぶようにギャッベを選ぶと難しい?

一般的にはラグを選ぶタイミングは家の完成に間に合うように家具を選び、最後にアクセントとなるラグを選ぶ、ということが多いのではないでしょうか。

 


 

一般的なラグは同じデザインでサイズ違いや色違いが選べる場合がほとんどなのでそれでも問題なく選ぶことができると思います。

しかしラグはカーテンやブラインドなどのウィンドウトリートメントに次いで面積の大きいインテリアです。

 


 

最後に選ぼうとする場合、もし色を入れようと思ってもすでに決まっているインテリアに合うように、と考えると意外と難しいものです。

一点もののギャッベだとなおさら難しく感じてしまいます。

例えば他のインテリアアイテムに色があるものや個性的なものを選んだ後に、個性的なギャッベが気に入って選ぼうと思っても、意外と相性を考えて選べなくなってしまう。そんな場面を目にします。

 


ギャッベの中でも伝統的な草木染で日本の住まいに合うものをセレクトしているアートギャッベの場合、さまざまな住まいに合いやすいのですが、どんなギャッベでも選ぶことができて選択肢が一番広いタイミングが、家の完成前や他のインテリアアイテムの色合いを決める前です。

家の完成がまだだから、といって、もし気になっているものを選べないのだとしたら、もしかすると良い出会いを逃してしまうことにもなりかねないので、お店のスタッフの方に相談していろいろとシュミレーションをした上で納得したら早いタイミングでも選ばれることをおすすめします。

 

⓶ ソファより先に選ぶ?後に選ぶ?

これも皆さま悩まれるところかもしれません。一般的に多いのはソファを決めた後にラグを選ぶというもの。

 


 

色違いやサイズ違いが選べるラグであればそれで問題ないのですが、ギャッベの場合は一点もの。柄が気に入っても、この柄で別の色があったらいいのに、なんて声が多いものですが、ギャッベの場合それがありません。

ソファの張地はさまざまな色が選べることも多いので、先に一点ものであるギャッベを本当に気に入ったものにして、後からソファの色を選ぶ、という方がとても選びやすくなります。

 

そうは言っても、ギャッベ選びがソファの後になることもあるかと思います。

そんな時はお店のスタッフさんに相談してぜひ売場でシュミレーションをしてみてください。

 

選んだソファの張地に近い色合いのソファの前に気になるギャッベを置いてみたり、

カーテン生地の色合いがヴァリエーションが多いので、そこからソファの張地に近い色合いを見つけて

相性を見てみるのも良いでしょう。

 


 

草木染めで自然な色合いのアートギャッベの場合、かなり懐が深いため

他のインテリアに色が入っていても不思議なほどマッチするものも少なくありません。

ぜひ、合うか合わないかを考えすぎるよりも、まずは好きかどうかで直感的に楽しんでみて、

そこから最終的にシュミレーションをしてみることをおすすめします。

 

 

⓷ ギャッベは出会った時が買い時、と言われる理由

「ギャッベは出会った時に買わなきゃ!」よくギャッベを使っているお客様がお友達にすすめる時にこうおっしゃるのをお聞きします。


 

なぜそうおっしゃるのか。それは、良いと思って検討して、買おうと思った時にはもう売れていて、でもそのギャッベが忘れられない、というようなことが意外とよく起こるからです。

 

全国でアートギャッベ展をさせて頂くと、他の県でお会いしましたよね?というお客様が別の県のイベントに来て下さることもあります。そんな中でいらっしゃるのが、「前に見たあのギャッベが忘れられなくて・・・」と、そんな雰囲気やそれを超えるギャッベを探している方。そうやって探すとみつからず、買わなかったことを後悔してしまう方も意外と多いのです。

もちろんいいと思わなければ、本当に納得しなければ買わない方がよいですし、私たちも、これは納得していないな?と感じたら、一度フラットにして考えた方が良いかもしれませんよ、とお話しすることがあります。

もし、いいと思ったものがあった場合、お店のスタッフさんに大きさや色合いなども相談して、本当に納得出来たら、思い切って選ぶ!というのも大切なことです。お客様を見ているとわかります。悩みながら思い切って選んだとして、たとえば別の機会に他のギャッベをいくら見たとしても、やっぱり我が家のギャッベが一番いいわ!と嬉しそうに話してくださるお客様が多いのです。


もちろん焦って買うことは禁物です。

 

けれどもし、はじめはちょっと見てみるか、というくらいの気持ちであったとしても
よいものに出会ったとして、大きさや色合いもシュミレーションした上で納得できたら
思い切って選んでみる。それが良いギャッベを選ぶ上での大切なタイミングになってきます。

ぜひギャッベ選びを楽しんでみてください♪

保存

保存

保存

保存