アートギャッベとロボット掃除機

こんにちは。
近年、日本でもロボット掃除機が浸透していますね。
アートギャッベユーザー様の中にもロボット掃除機をお使いの方が多いようで、よく話を伺います。
 

 
一枚ずつ、厚さの違うアートギャッベですが、ロボット掃除機が乗りあがりません、ということは、あまりないようです。

家電メーカー各社から様々なロボット掃除機が発売されていますが、調べてみるとほとんどが1.5~2.0㎝の厚みまでなら段差を乗り越えて掃除機掛けをしてくれるようです。

もちろんアートギャッベでも試してみましたが問題ありませんでした。
ただし、新しく購入したばかりのギャッベはウール製品特有の「遊び毛」が多めにでます。
ロボット掃除機はタンクが小さいものがほとんどです。
使い始めは遊び毛で満タンになってしまい、リビング以外の場所の掃除が充分にできない場合があります。

そんなときおすすめなのはこんな風にギャッベを半分に畳む方法です。
 
 
こうするとギャッベの上以外を掃除してくれるのでお部屋全体がきれいになりますね。
今日は右半分、明日は左半分、明後日はギャッベを広げたままにして、というようにすると満遍なく掃除してくれるのでおすすめです。

最後に注意点ですが、アートギャッベの中には、特別にぶ厚い一枚もあります。
今ロボット掃除機をお使いで、これからギャッベをご検討中の方は、厚みをしっかりご確認ください。

でも、たとえロボット掃除機が乗り上がりそうにないほど厚みのあるギャッベに出会って気に入ったとしたら
そこだけは自分の手で掃除機掛けをすれば大丈夫。
掃除をしている内に今まで気付かなかったギャッベの個性を発見できるかもしれません。
 


全国のアートギャッベ展開催情報
http://artgabbeh.com/event/

お問い合わせはこちら