アートギャッベと呼ばれる7つの理由② ギャッベ・ギャベ

先日に引き続き、アートギャッベと呼ばれる7つの理由の2つ目のご紹介。日本人の心に響き、日本の住まいにマッチすることはもちろんですが、アートギャッベはその肌触りもとても気持ちいいんです。その理由はアートギャッベと呼ばれる理由2つがとっても大切です。

アートギャッベと呼ばれる1つ目をご覧いただいていない方は、まずは下のブログからご覧ください。

http://artgabbeh.com/blog/artgabbeh-toha-7-1/

 

アートギャッベと呼ばれる理由② ギャッベ・ギャベ

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由2つ目のご紹介

②全国のアートギャッベ展情報

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由2つ目のご紹介

「2、滑らかな肌触りと独特の弾力、丁寧な仕上げと織り手から生まれる作品」

アートギャッベは、イラン南西部の寒暖の差が激しいとても厳しい環境で育ったヒツジの毛を使用しています。その為、実際に触っていいただくと、とてもなめらかでふわっと包み込んでくれるような肌触り。

最高峰の織りの技術に加え、織り手からアートギャッベとして仕上がるまでの職人さんの手間暇かけた一連の流れがより品質の高いギャッベとして1枚のギャッベとして仕上がります。


人の髪の毛が、その人の持って生まれた個性のように、ヒツジをどのように育てるか、どのようにメンテナンスしていくかでも変わってしまいます。ギャッベもそのウールが持つそれぞれの個性と、織りあがった後の仕上げの段階で何度も丁寧に洗いをかけ、トリートメントすることで生まれるなめらかさがあります。


実際にお客様からは、「アートギャッベは他のギャッベと違ってなめらかさが全然違う!」と驚かれることがあります。

ウール製品に対して、チクチクするというイメージを持たれている方もいらっしゃいますが肌の敏感な方でも受け入れやす肌触りです。


そして、アートギャッベの踏み心地について私たちが強い思いをもってこだわっているのが、この踏み心地の良さです。手織りじゅうたんはその織りの構造上、丁寧に根気強く作られたものにこそ生まれる独特の弾力があります。これは織り手の人たちがどれだけ根気を持ってその一枚と向き合ってきたかを感じる一番のポイント。そして手織りじゅうたんを使う人にとって一番の喜びのポイントにもなるところです。

現地で一枚ずつ選定するというところも、お客様に確かな肌触りと踏み心地のギャッベをお届けしたいという思いもあります。


この肌触りをぜひ皆様に生で体感していただきたいと思い、日々日本全国でアートギャッベの展示会を開催しています。その違いをぜひ皆様に体感していただきたいと思っています。

 

 

②全国のイベント情報

私たちは、つくり手の方々の想い感性と一緒に一枚ずつ丁寧に伝えていきたい。
そんな想いで今年で16年目。初めてアートギャッベをご紹介してから一貫して変わらずに「体感ができるお店で選んでいただく」ということに拘りをもっています。その為、全国各地の私たちの想いと共感をしていただいている提携店様のところでのみご覧頂くことができます。

下に開催中の店舗様とこれから開催する店舗様をご紹介しております。まだまだ、お伝えしたいことは山ほどありますがどうぞ各会場にて、体感しながらアートギャッベをご覧になられてみてください。

■アートギャッベ展 開催中店舗様■



【東京】アートギャッベショップ MUSUBI 開催中 4月9日(日)まで

住所:東京都品川区二葉3-22-2

TEL 03-3781-5080

営業時間 11:00~19:30

HP:http://gabbeh.co.jp/



【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

【広島】井口家具百貨店 4月8日(土)~4月16日(日)まで

住所:広島県広島市西区上天満町7-13

TEL:082-232-6315

営業時間 10:00~18:00(土・日は19:00まで)

HP:http://www.inokuchikagu.co.jp/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

アートギャッベ公式ホームページ