アート ギャッベのユーザー様のお宅にお邪魔してきました。

東京にお住いのS様は、私たちがアートギャッベをご紹介し始めて直ぐからお使いいただいています。

最初のアートギャッベは、15年以上前の蒼いアートギャッベ
お使いのソファの青に合わせて使い始めたそうです。



色合いの鮮やかさや今まで体感したことのないフカフカの肌ざわりがお気に入りだそうで
新潟のお店に来られた際や関東でのボー・デコールの店外イベントに時折遊びに来られて
気に入ったアートギャッベを少しずつ揃えられています。


 

玄関に入ってまずお出迎えしてくれるのは


茜色と染めていない原毛でデザインされたモダンなアートギャッベ
沢山のギャッベを観てきたけど、あまり無いデザインでとってもお気に入りの一枚だそうです。

 

朝の身支度やお風呂上りには、今までベランダの入り口に敷いてた青い淵のパッチワーク。


今までと違って一日に何度も踏みしめる機会が出来て、改めて心地よさを実感されているそうです。
インディゴの色合いも窓際で使っていたため、少しずつ淡い、優しい色合いに育っていったそうです。

リビングスペースを抜けていくと和室には、今回仲間入りした原毛のアートギャッベが


畳や箪笥などの「和」の空間に溶け込んでいます。もう少し模様替えをして、この和室に掛け軸も掛けられるそうです。その際には改めてお写真を撮らせていただきたいですね。

 

そして、今までこちらの和室に敷かれていたアートギャッベは隣のお部屋に


サイズ感も色合いもこれまたピッタリです。

和室に敷いていたときは、重厚感のある深い茜色が落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
建具や床が深い色合いだと 淡い茜色が鮮やかで、華やかな印象ですね。

 

他にも、和室の奥に見えていた玄関マットサイズ(約60㎝×90㎝位)のアートギャッベや
椅子に丁度良い、お座布団サイズと色々なところで楽しんでいらっしゃいました。



近くで開催の際は、また遊びにいらして下さいませ。

 

 

アートギャッベ®では、フェイスブックやインスタグラムでも色々な情報を発信しています。
是非ご覧になってくださいませ。

フェイスブック:https://www.facebook.com/Artgabbeh/
インスタグラム:https://www.instagram.com/artgabbeh/

 

アートギャッベと呼ばれる7つの理由⑤ ギャッベ・ギャベ

ギャッベの特徴の一つに、綺麗な柄や色に魅了される方も少なくありません。アートギャッベ展でご覧になられた方はそろってその美しさに「まるで絵画を見ているよう」というお言葉を言っていただけます。そこにもアートギャッベといわれる理由が隠されています。

 

アートギャッベと呼ばれる理由は7つあります。下の前回のブログもぜひご覧になって下さいね!

アートギャッベと呼ばれる7つの理由④ ギャッベ・ギャベ



 

 

アートギャッベと呼ばれる7つの理由⑤ ギャッベ・ギャベ

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由5つ目のご紹介

②全国のアートギャッベ展情報

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由5つ目のご紹介

 

お子さまの感性を育む草木染めの色合いと上質な天然素材

 

アートギャッベの特徴の一つが草木染の色合いです。今では、色々なところでこのギャッベを目にする機会も増えてきました。しかし、現代の流れの中で本来の「草木染」ではなく化学染料で染められた糸も多く使われるようになってきました。

けして化学染料が悪いことはありません。しかし、それ以上に草木で染める色糸には化学染料にはない色合いと魅力、そして安心と安全があります。

 


 

自然素材であるための安心・安全とは、見た目を重視して、安価にカーペットやラグ・じゅうたんを作ろうとすれば目には見えないところのコスト削減は欠かせません。普段何気なく使っているラグ・カーペット・じゅうたんはどんな染料を使っているかご存知ですか?

今は、化学染料も進歩し化学物質であるホルムアルデヒドなどの配慮も高まってきました。それでも私たちがお届けしているアートギャッベは、より安心・安全に使っていただきたいという想いで、染料もしっかりと現地へ行き確認をしています。実際に現地に赴き五感で体感し、染料を確認をして一枚のアートギャッベに使われてる色合い一つ一つを実際の染料をご覧いただきながら丁寧に皆様へお伝えしています。


 

アートギャッベの中でも、発色性の高いものは化学染料を使っていることもあります。しかし、長年の選定から得た経験で伝統的な草木染の工程で整えられたギャッベの中から厳選している為とっても安心なんです。

ウールにもこだわりを持っていますが、染料にもこだわりを持っています。だからこそ小さなお子様やアレルギー体質の方も安心してお使いいただけます。


 

そして、草木染の色合いの魅力。糸の状態からゆっくりと時間をかけて手間暇かけて染め上げられる色糸は草木ならではの独特な奥深さや風合いがあります。そんな色糸で染まりあげられた糸と織り手の感性とが合わさって織りあげられたギャッベはアートそのもの。日本人には決してマネできない色彩の組み合わせは見る方々の心を震わせます。

 


 

お子様にとっては、じゅうたんの上は世界その。小さい時ほど感性が研ぎ澄まされ、初めて見るもの・触れるもの・聞くもの周りにあるものすべてから五感で感じとり、成長する糧としている大切な時期。

いい物って・・・

小さい子供がいるからもったいない・・・。

汚しちゃうから・・・。

 

お子様がいるご家庭では、まず考えられる不安要素。

 

しかしそれ以上に、本物を見ること・触れること・聞くことはとても大切な事なんです。この時期しかできないからこそこだわりを持ってみることも大切です。いつも目にするもので、感覚や感性が育まれるってとっても素敵なことだと思います。

 


 

そして何より、上質な素材を使っているからこそ長くそのお子様が成長されても一つのものが家の中にずっとあるということ。

 

「カーペットやラグ、じゅうたんは汚れたら買い替えればいい・・・。」

 

ではなく。「一つのもの」を長く使い続けるという体験・経験は、知らず知らずのうちに子供だけではなく家族にとっても大きな財産となることでしょう。

 


 

普段の暮らしの中で、感性を育めるような心震わすようなアート性の高さや、伝統的な草木染めの色合いと上質な天然素材であるからこそ、ギャッベではなくアートギャッベと呼ばれる5つ目の理由です。

 

感性を育む草木染めの色合いと上質な素材は、ぜひスマホやパソコンのデジタルな画面の中だけではなく、実際に見て触れて、体感しながらご覧いただくことをおススメいたします。

 

②全国のアートギャッベ展情報


 

■アートギャッベ展 開催中店舗様■



【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

 

■アートギャッベ展 開催予定店舗様■

 

【神奈川】 ボー・デコール横浜店 4月22日(土)~5月14日(日)まで

住所:神奈川県横浜市都筑区中川1丁目18-10皆川ビル1F

TEL:045-914-7718

営業時間 10:00~18:30 (水曜定休)

※アートギャッベ展の際は19:00まで営業 26日(水)のみお休み

HP:http://www.bd-n.net/

 

【長野】 松葉屋家具店+くらし道具学研究所 4月22日(土)~5月7日(日)まで

住所:長野県長野市大門町45

TEL:0120-55-2346

営業時間 10:00~18:00 (水曜定休)

HP:http://www.matubaya-kagu.com/

 

【京都】 くらし工房 家具のサワキ 4月29日(土)~5月7日(日)まで

住所:京都府宇治市宇治妙薬34番地

TEL:0774-23-1115

営業時間 9:30~19:00 (水曜定休)

HP:http://www.kurashi-kobo.jp/

 

【岐阜】 オークヴィレッジ高山ショールーム 4月29日(土)~5月7日(日)まで

住所:岐阜県高山市清見町牧ヶ洞846

TEL:0577-68-2220

営業時間 9:30~16:30 (年末年始は休業)

HP:http://oakv.co.jp/index.html

 

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

アートギャッベ公式ホームページ

 

アートギャッベと呼ばれる7つの理由④ ギャッベ・ギャベ

アートギャッベと呼ばれる7つの理由の4つ目のご紹介。日本には四季があり、「季節ごとに敷物やじゅうたん・ラグを入れ替えてます」という方も多いのではないでしょうか。ギャッベは毛足が長いのも特徴の一つ。そんなギャッベは日本の四季に対してはどうなのか?そこにもアートギャッベと呼ばれる理由が隠されているんです。

 

ギャッベの中でもアートギャッベと呼ばれる7つの理由の前のブログもご覧になられてみて下さい。

アートギャッベと呼ばれる7つ理由①

http://artgabbeh.com/blog/artgabbeh-toha-7-1/

 

アートギャッベと呼ばれる7つの理由④ ギャッベ・ギャベ

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由4つ目のご紹介

②全国のアートギャッベ展情報

 


 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由4つ目のご紹介

 

夏はサラッと、冬はあたたか。一年中快適

ギャッベはウールで織りあげられています。ウールは冬のイメージが強いですが、実は吸放湿性が高く、適度な湿度を保とうとしてくれます。その為、夏でもべたつき感がなくサラッとしているのが特徴なんです。

しかし、すべてのウールが上質で一年中快適に使用できるかというとそうではありません。以前のアートギャッベと呼ばれる7つの理由にもお伝えしていますが、やはりここでも使われるもとの素材が重要なんです。

 


 

イランのザクロス山脈という標高が2000~3000mほどもあるとっても厳しい環境で育った羊毛をアートギャッベは使用しています。そんな上質な羊毛を使うことによって汚れにくさとともに、一年を通して快適にお使いいただけんですよ。

イランにも冬の山々には雪が降り、とても寒い土地でもあるんです。しかし、夏はとても暑く40度を超えることも多いんです。

ギャッベはもともと、遊牧民の方たちがそんな夏・冬の厳しい環境の中で一年を通して快適に過ごせるようにできた生活必需品。

 


 

イランは乾燥地帯で、日本は高温多湿です。しかし、ウールの調湿効果の作用により日本の気候にもとっても適したじゅうたん・ラグなんですよ。

一年中使えるということは、夏と冬で敷きかえる必要もなく片付ける手間暇も場所もいりません。

 

上質なウールにこだわっているからこそ年を通して快適にお使いいただけるアートギャッベ。一番その良さを体感できるのは、実は夏なんです。暑い時にこそぜひアートギャッベの感触を体感してみて下さい。


 

②全国のアートギャッベ展情報

■アートギャッベ展 開催中店舗様■



【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

■アートギャッベ展 開催予定店舗様■

 

【神奈川】 ボー・デコール横浜店 4月22日(土)~5月14日(日)まで

住所:神奈川県横浜市都筑区中川1丁目18-10皆川ビル1F

TEL:045-914-7718

営業時間 10:00~18:30 (水曜定休)

※アートギャッベ展の際は19:00まで営業 26日(水)のみお休み

HP:http://www.bd-n.net/

 

【長野】 松葉屋家具店+くらし道具学研究所 4月22日(土)~5月7日(日)まで

住所:長野県長野市大門町45

TEL:0120-55-2346

営業時間 10:00~18:00 (水曜定休)

HP:http://www.matubaya-kagu.com/

 

【京都】 くらし工房 家具のサワキ 4月29日(土)~5月7日(日)まで

住所:京都府宇治市宇治妙薬34番地

TEL:0774-23-1115

営業時間 9:30~19:00 (水曜定休)

HP:http://www.kurashi-kobo.jp/

 

【岐阜】 オークヴィレッジ高山ショールーム 4月29日(土)~5月7日(日)まで

住所:岐阜県高山市清見町牧ヶ洞846

TEL:0577-68-2220

営業時間 9:30~16:30 (年末年始は休業)

HP:http://oakv.co.jp/index.html

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

アートギャッベ公式ホームページ

 

アートギャッベと呼ばれる7つの理由③ ギャッベ・ギャベ

アートギャッベと呼ばれる7つの理由の3つ目のご紹介。じゅうたん・ラグといえば気になるのが汚れや使い込むことによる経年劣化だと思います。ギャッベの中でもアートギャッベと呼ばれる理由の一つにその不安点に対する理由があるんです。

ギャッベの中でもアートギャッベと呼ばれる7つの理由の前回ブログをご覧になられていない方は下記をご覧になられて下さい。

アートギャッベと呼ばれる7つ理由①

http://artgabbeh.com/blog/artgabbeh-toha-7-1/

アートギャッベと呼ばれる7つの理由②

http://artgabbeh.com/blog/artgabbeh-toha-7-2/

 

 

アートギャッベと呼ばれる7つの理由③

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由3つ目のご紹介

②全国のアートギャッベ展情報

 


 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由3つ目のご紹介

 

「汚れに強く、使い込むほどに風合いが増す」

 

じゅうたんやラグで気になることと言えば、やはり汚れやダニなどの衛生面。そして長く使い込むことによる肌触りなどの劣化なども上がりますね。

ギャッベの中でもアートギャッベと呼ばれる理由の一つに「汚れに強い」ということが気になるところ。

同じ羊毛を使用しているギャッベやウールラグでもアートギャッベが拘っているのが素材そのもの。平地で育った羊の毛と標高2000~3000mほどもある、高く寒暖の差が激しいところで育った羊の毛では全く毛そのものの耐性が違います。


 

イランは、暑い国というイメージを持っている方も多いかもしれませんが実は日本のように雪が降ります。その為冬場は非常に寒く、羊たちも自分を守るために毛自体に脂分を多くため込みます。

 


こちらがアートギャッベに使われいる羊さん。くるくると真っ白な毛のヒツジではなく脂分を蓄えている為、毛自体が重く下に垂れ下がっています。また毛が長いことも特徴です。

実は、この羊の毛に入っている脂分はラノリンと呼ばれリップクリームや化粧品の原料としても重宝されます。この脂分も汚れづらさにはとっても大切な要因です。脂分が豊富だと染色をする際に色が付きにくいですがアートギャッベで使用される羊毛はこの脂分を適度に残しながらじっくりと時間をかけながら染色をします。その為、仕上がったギャッベは綺麗な艶がでて脂分があるため汚れにも強い仕上がりになります。

それ以上に洗浄の工程でもう一手間、トリートメントをかけて洗いさらに汚れにくくしています。


素材自体と一つ一つの手間暇のこだわりがあるからこそ汚れにくく安心して長くご使用いただけるんです。

そして、もう一つ大切なのがギャッベそのものの織りの細かさになります。織りの細かさとはギャッベの裏をご覧いただくと丸いつぶつぶのようなものが確認できます。これは羊毛を織っている結び目になります。この織りが細かければ細かいほど密度が増しより上質なギャッベとなります。

 


 

織り目が細かいほど表面の密度も高く、ダニの発生原因になるホコリや食べ残し・髪の毛などが入りづらいんです。ギャッベの奥までゴミが入らないので細目にさっと掃除機をかけるだけでダニの発生も抑えられます。

そして、もう一つ大切なことが一枚ずつ現地イランにて、経験豊富な日本の選定人が厳選しているというと。イラン選定時には何千枚ともいえるギャッベがあります。そのそれぞれに織り手や作り手などがおりどれをとっても良質なギャッベたちばかり。しかし、より品質が高く確かなものをお届けしたいという想いから一枚一枚丁寧に厳選しています。それは、心を震わせるようなアート性とともにより確かな品質や長く安心してお使いいただけるものに拘るからこそ。そんなギャッベ達をアートギャッベと呼びます。


 

だからこそ、汚れにも強く長年使いこむごとに劣化するのではなく毛質が柔らかくなり風合いが増します。ぜひ、実際に触れてみて下さいね。

 

②全国のアートギャッベ展情報

■アートギャッベ展 開催中店舗様■



【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

 

■アートギャッベ展 開催予定店舗様■

 

【神奈川】 ボー・デコール横浜店 4月22日(土)~5月14日(日)まで

住所:神奈川県横浜市都筑区中川1丁目18-10皆川ビル1F

TEL:045-914-7718

営業時間 10:00~18:30 (水曜定休)

※アートギャッベ展の際は19:00まで営業 26日(水)のみお休み

HP:http://www.bd-n.net/

 

【長野】 松葉屋家具店+くらし道具学研究所 4月22日(土)~5月7日(日)まで

住所:長野県長野市大門町45

TEL:0120-55-2346

営業時間 10:00~18:00 (水曜定休)

HP:http://www.matubaya-kagu.com/

 

【京都】 くらし工房 家具のサワキ 4月29日(土)~5月7日(日)まで

住所:京都府宇治市宇治妙薬34番地

TEL:0774-23-1115

営業時間 9:30~19:00 (水曜定休)

HP:http://www.kurashi-kobo.jp/

 

【岐阜】 オークヴィレッジ高山ショールーム 4月29日(土)~5月7日(日)まで

住所:岐阜県高山市清見町牧ヶ洞846

TEL:0577-68-2220

営業時間 9:30~16:30 (年末年始は休業)

HP:http://oakv.co.jp/index.html

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

アートギャッベ公式ホームページ

 

 

アートギャッベミニ(座布団サイズ)や玄関サイズの楽しみ方

アートギャッベ公式ホームページに「使い方ランキング」のページがあること皆さん知っていますか?

椅子の座面にピッタリな座布団サイズからリビングでゆったりくつろげるラグサイズまで様々な大きさがありますが、今回は小さ目な座布団サイズと玄関マットサイズのお勧めの使い方をご紹介いたします!

まだ使い方ランキングをご覧になっていない方はコチラをご覧ください。

おすすめ使い方ランキング



今回ご紹介するのは、何度かブログやfacebookなどでも登場しますので、実際に使っている方も多いかと思いますが車の座面での使い方です。

35㎝角位から45㎝角位まである座布団サイズ「アートギャッベ ミニ」

今まで多かった35㎝角くらいの大きさはコチラ


 

大きめサイズの45センチ角だとこんな感じです。



アートギャッベは、特にこれからの梅雨の時期や夏に向けて力を発揮してくれます。これから暑くなってくると車の座面に触れているお尻やモモの裏は汗ばんでくることが多くなります。少し大きめの座布団サイズの場合お尻だけではなくひざ裏もカバーしてくれるのですごく快適です。




稀にアートギャッベ展にご来場いただくお客様から「家で使っているギャッベとは、肌ざわりが違う?何がちがうの?」と ご質問を頂くことがありますが、ギャッベの本場イランでもウール刈り込む時期や場所など様々なランクがあります。当然お値段も違ってきますが、一年中快適に使えて、受継いで使える上質なギャッベを工房のギャッベの中からさらに厳選しているアートギャッベだからこそサラッと心地よく使っていただけます。

一般的なギャッベとの違いについては、「アートギャッベと呼ばれる7つの理由」や改めてブログでもご紹介いたします。
アートギャッベと呼ばれる7つの理由はコチラ

アートギャッベと呼ばれる7つの理由



 

心地よいアートギャッベだからこそ実際にこんな使い方をしているお客様もいますよ。

アートギャッベ ミニサイズの2枚使い!



そして極めつけは、60×90㎝ほどの玄関マットでよく使っていただくサイズの新たな使い方


こちらの使い方はお客様から教えていただきました。車に乗ることが多いので気に入ったアートギャッベを長く楽しむには、車のシートで使うのが一番ベストと楽しそうにおっしゃっていました。

 

アートギャッベをご覧になったことがある方も、まだ観たことがない方も、全国で開催中のアートギャッベ展で観て体感して下さいませ。

全国のアートギャッベ展情報はコチラから

全国のギャッベ展開催情報



アートギャッベ取扱店はコチラから

全国のアートギャッベショップ

アートギャッベと呼ばれる7つの理由② ギャッベ・ギャベ

先日に引き続き、アートギャッベと呼ばれる7つの理由の2つ目のご紹介。日本人の心に響き、日本の住まいにマッチすることはもちろんですが、アートギャッベはその肌触りもとても気持ちいいんです。その理由はアートギャッベと呼ばれる理由2つがとっても大切です。

アートギャッベと呼ばれる1つ目をご覧いただいていない方は、まずは下のブログからご覧ください。

http://artgabbeh.com/blog/artgabbeh-toha-7-1/

 

アートギャッベと呼ばれる理由② ギャッベ・ギャベ

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由2つ目のご紹介

②全国のアートギャッベ展情報

 

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由2つ目のご紹介

「2、滑らかな肌触りと独特の弾力、丁寧な仕上げと織り手から生まれる作品」

アートギャッベは、イラン南西部の寒暖の差が激しいとても厳しい環境で育ったヒツジの毛を使用しています。その為、実際に触っていいただくと、とてもなめらかでふわっと包み込んでくれるような肌触り。

最高峰の織りの技術に加え、織り手からアートギャッベとして仕上がるまでの職人さんの手間暇かけた一連の流れがより品質の高いギャッベとして1枚のギャッベとして仕上がります。


人の髪の毛が、その人の持って生まれた個性のように、ヒツジをどのように育てるか、どのようにメンテナンスしていくかでも変わってしまいます。ギャッベもそのウールが持つそれぞれの個性と、織りあがった後の仕上げの段階で何度も丁寧に洗いをかけ、トリートメントすることで生まれるなめらかさがあります。


実際にお客様からは、「アートギャッベは他のギャッベと違ってなめらかさが全然違う!」と驚かれることがあります。

ウール製品に対して、チクチクするというイメージを持たれている方もいらっしゃいますが肌の敏感な方でも受け入れやす肌触りです。


そして、アートギャッベの踏み心地について私たちが強い思いをもってこだわっているのが、この踏み心地の良さです。手織りじゅうたんはその織りの構造上、丁寧に根気強く作られたものにこそ生まれる独特の弾力があります。これは織り手の人たちがどれだけ根気を持ってその一枚と向き合ってきたかを感じる一番のポイント。そして手織りじゅうたんを使う人にとって一番の喜びのポイントにもなるところです。

現地で一枚ずつ選定するというところも、お客様に確かな肌触りと踏み心地のギャッベをお届けしたいという思いもあります。


この肌触りをぜひ皆様に生で体感していただきたいと思い、日々日本全国でアートギャッベの展示会を開催しています。その違いをぜひ皆様に体感していただきたいと思っています。

 

 

②全国のイベント情報

私たちは、つくり手の方々の想い感性と一緒に一枚ずつ丁寧に伝えていきたい。
そんな想いで今年で16年目。初めてアートギャッベをご紹介してから一貫して変わらずに「体感ができるお店で選んでいただく」ということに拘りをもっています。その為、全国各地の私たちの想いと共感をしていただいている提携店様のところでのみご覧頂くことができます。

下に開催中の店舗様とこれから開催する店舗様をご紹介しております。まだまだ、お伝えしたいことは山ほどありますがどうぞ各会場にて、体感しながらアートギャッベをご覧になられてみてください。

■アートギャッベ展 開催中店舗様■



【東京】アートギャッベショップ MUSUBI 開催中 4月9日(日)まで

住所:東京都品川区二葉3-22-2

TEL 03-3781-5080

営業時間 11:00~19:30

HP:http://gabbeh.co.jp/



【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

【広島】井口家具百貨店 4月8日(土)~4月16日(日)まで

住所:広島県広島市西区上天満町7-13

TEL:082-232-6315

営業時間 10:00~18:00(土・日は19:00まで)

HP:http://www.inokuchikagu.co.jp/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

アートギャッベ公式ホームページ

アートギャッベと呼ばれる7つの理由① ギャッベ・ギャベ

先日は、アートギャッベと呼ばれる7つの理由を簡単にお伝えさせてもらいました。

本日は、より詳しくその7つの理由を一つずつお伝えしていければと思います。

7つの理由の全体は下の以前のブログよりご覧ください。

アートギャッベって? ギャッベ・ギャベとはちがうの?



 

アートギャッベと呼ばれる理由7つの理由 ギャッベ・ギャベ

①アートギャッベと呼ばれる7つの理由一つ目をご紹介

②全国のイベント情報

①7つの理由一つ目をご紹介

「1、日本人の心に響き、日本の住まいにマッチする。」

私たちが、アートギャッベをご紹介して今年で16年目。私たちはじゅうたんショップからスタートしわけではなんです。新潟の秋葉区(旧新津)というところで、家具屋・インテリアショップとして家具・カーテン・ラグ・雑貨をトータルでご紹介しています。

その中でも私たちがご紹介してきたものは、「造り」「健康」「環境」をコンセプトに誰にでも安心して愛着を持ち永く使っていただくロハスインテリアをご紹介しています。

そして、お客様に安心して永く使っていただけるじゅうたんがないかという思いから、遊牧民の自由なじゅうたんである「ギャッベ」と出会い今年で16年目という長い年月、全国各地の提携店舗様とともにご紹介を行ってきました。


もともと、遊牧民の自由なじゅうたんであるギャッベを「日本の住まいに合わせる」というのは簡単ではありません。たくさんのお客様のお宅にお伺いしながら、日本の住まいで魅力を発揮するギャッベがどんなものなのか、経験を積み重ねてきました。

そして、何よりもその使う人にとって、心を揺さぶるような出会いとなるかどうか。それは好きな配色や好きな柄である以上に、見た時に心の奥深くに語り掛け、じっくりと永く楽しめるようなアートであること。そんな表情を持つギャッベを一枚ずつ丁寧に厳選したものを「アートギャッべ」と呼び、呼ばれる理由です。


今では、たくさんのお店で「ギャッベ」を見る機会が増えました。しかし、「ギャッベ」を知っているお客様からよくお聞きする言葉は、「今まで見た時がないギャッベがたくさんある」というお言葉。アートギャッベの中には、「ギャッベ」特有の文様などが全く入っていない無地のものや、感性を重要視した独特な作品の中にも日本の住まいに合うアートギャッベを厳選しているからこそよりお客様の心の中に響いていただいているのではないでしょうか。


一枚一枚の選定もさることながら、必ず現地へ赴き直接厳選していることで、そのギャッベの見た目の綺麗さだけではなく、つくり手やそれに関わる方々、現地の空気や食べ物、同じ景色を見て一枚ずつ丁寧に伝えることも大切にしています。



これからも変わることなく、日本人の心に響き、日本の住まいにマッチするアートギャッベ達をご覧いただけるよう一貫した取り組みを行っていきます。

②全国のイベント情報

私たちは、つくり手の方々の想い感性と一緒に一枚ずつ丁寧に伝えていきたい。
そんな想いで今年で16年目。初めてアートギャッベをご紹介してから一貫して変わらずに「体感ができるお店で選んでいただく」ということに拘りをもっています。その為、全国各地の私たちの想いと共感をしていただいている提携店様のところでのみご覧頂くことができます。

下に開催中の店舗様とこれから開催する店舗様をご紹介しております。まだまだ、お伝えしたいことは山ほどありますがどうぞ各会場にて、体感しながらアートギャッベをご覧になられてみてください。

 

■開催中店舗様■

 

【東京】アートギャッベショップ MUSUBI 開催中 4月9日(日)まで

住所:東京都品川区二葉3-22-2

TEL 03-3781-5080

営業時間 11:00~19:30

HP:http://gabbeh.co.jp/

 

【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

【広島】井口家具百貨店 4月8日(土)~4月16日(日)まで

住所:広島県広島市西区上天満町7-13

TEL:082-232-6315

営業時間 10:00~18:00(土・日は19:00まで)

HP:http://www.inokuchikagu.co.jp/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

アートギャッベ公式ホームページ

アートギャッベって? ギャッベ・ギャベとはちがうの?

前回は、ギャッベについて少しですがご紹介してきました。本日は、私たちがご紹介する「アートギャッベ」についてご紹介していきたいと思います。

まだ「ギャッベ」について知らない方は下のブログをご覧ください。

http://artgabbeh.com/news/art-gabbeh-gabbehtoha/

 

アートギャッベって? ギャッベ・ギャベとは違うの? 目次

①私たちの想い

②アートギャッベと呼ばれる7つの理由

③全国のイベント情報

 

 

①私たちの想い

アートギャッベを皆様にご紹介して今年で16年目。ご紹介当初から私たちには「変わらない想い」のもと全国の約50社の提携店舗様とともにご紹介をさせていただいています。まずは、その「想い」からご紹介。

私たちがアートギャッベの選定を初めて行ったのは1999年。当時の選定人が単身でイランに赴き、イランの中でも最高峰ブランドの選定買付を始めます。私たちは、「造り」「健康」「環境」というコンセプトのもと、ギャッベの中でも品質がより高く、芸術性に卓越したギャッベを一枚一枚丁寧に厳選しています。それは、16年を迎えた今でも年に3~4回私たちのスタッフがイランへ赴きこれまでの経験と視点、感性から厳選しています。

 


 

私たちが大切にしている「想い」は、確かな品質と現地へ直接赴き「同じ空気を吸い、同じ景色を見て」少しでも感性を共有し、その中でも自分の心に響きわたるものを厳選したい。一番は、その作品に「感性」が感じとれるかどうかということです。

 

長い年月を費やし作り上げた織り手の感性を代弁しながら、これからも大切に紹介していきたいと思います。

 

②アートギャッベと呼ばれる7つの理由

すべての「ギャッベ」につくり手がいて、それに関わる人たちがいます。それも私たちは大切にしています。では、その中でもなぜ私たちは「アートギャッベ」をご紹介しているのでしょうか?


ギャッベの中でも、末永く愛用できる確かな品質と日本人の心の奥深くに響くアート性をあわせもつギャッベ、それがアートギャッベです。一枚から感じる織り手の人々と、その出来上がりに携わった職人の努力を感じながら選定をさせていただいています。

 


すべては、お客様が使ってから「これを選んで本当に良かった」と感じてもらえるように。そして、「アートギャッベ」と呼ばれる理由には「7つのポイント」があります。

 

「7つのポイント」

1、日本人の心に響き、日本の住まいにマッチする

2、なめらかな肌触りと独特の弾力、丁寧な仕上げと織り手の技術から生まれる作品

3、汚れに強く、使い込むほどに風合いが増します。

4、夏はサラッと、冬はあたたか。一年中快適

5、お子様の感性を育む草木染めの色合いと上質な天然素材

6、「お店で選ぶ」という安心と価値

7、16年の歴史と評価

 

アートギャッベといわれる理由は上の7つを大切にしているから。その理由の一つ一つもまた、とても大切に伝えていきたいと思います。次回のブログではアートギャッベと呼ばれる7つの理由を一つずつ何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

 


 

③全国のイベント情報

私たちは、つくり手の方々の想い感性と一緒に一枚ずつ丁寧に伝えていきたい。
そんな想いで今年で16年目。初めてアートギャッベをご紹介してから一貫して変わらずに「体感ができるお店で選んでいただく」ということに拘りをもっています。その為、全国各地の私たちの想いと共感をしていただいている提携店様のところでのみご覧頂くことができます。

下に開催中の店舗様とこれから開催する店舗様をご紹介しております。まだまだ、お伝えしたいことは山ほどありますがどうぞ各会場にて、体感しながらアートギャッベをご覧になられてみてください。

 

■開催中店舗様■

【東京】アートギャッベショップ MUSUBI 開催中 4月9日(日)まで

住所:東京都品川区二葉3-22-2

TEL 03-3781-5080

営業時間 11:00~19:30

HP:http://gabbeh.co.jp/

【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

■今週末からの開催店舗様■

【広島】井口家具百貨店 4月8日(土)~4月16日(日)まで

住所:広島県広島市西区上天満町7-13

TEL:082-232-6315

営業時間 10:00~18:00(土・日は19:00まで)

HP:http://www.inokuchikagu.co.jp/

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。
アートギャッベ公式ホームページ
 

ギャッベというじゅうたん・ラグを知っていますか?

ギャッベというじゅうたん・ラグをご存知でしょうか?
まだまだ知らない方も多いと思いますが、最近はインテリアショップや家具屋さんなどでも見る機会が増えているんですよ。

数あるギャッベの中でも私たちがご紹介しているは「アートギャッベ」という手織りのじゅうたんなんです。初心に立ち返って「アートギャッベ」について何回かのブログに分けてご紹介していきたいと思います。

 

アートギャッベとは   目次

 
  • ①ギャッベってそもそも何?

  • ②ギャッベはどんなところで織られているの?

  • ③全国のイベント情報

 

①ギャッベってそもそも何?

ギャッベとは簡単にお伝えすると「毛足の長いじゅうたん」のことを言います。


名前の由来としては、ペルシャ語で「ざっくりとした」というような意味が「ギャッベ」にはあり、英語では「rough(ラフ:粗い・ざらざらした)」に近い言葉です。そんな毛足の長いじゅうたんギャッベは、元々イラン南西部ザクロス山脈という標高のとっても高い山々の厳しい環境の中でヒツジを育てながら遊牧生活をする遊牧民には欠かせないじゅうたんのことなんです。

 


この毛足が長くふかふかなギャッベというじゅうたんを遊牧生活の中で直接大地に敷くことによって寒さをしのぎ、そして暑さもしのぎます。

普段の生活を大切にするうえで欠かせない生活の必需品として、何百年とその織りの技術が受け継がれてきたじゅうたんなんです。


もっと詳しくご紹介していきましょう。

 

②ギャッベはどんなところで織られているの?

上でご紹介しているギャッベは、イランの南西部に位置するザクロス山脈という標高のとっても高い山々で織られています。


織られている地域は標高が2000~3000mと高く、日中の寒暖の差がとても厳しい環境なんです。夏の熱いときは40度近くまで上がりますが、夜は10度以下まで一気に下がります。日中の寒暖差で約30度ほども変化があります。それを聞くだけで体調が悪くなりそうですね。

ギャッベを織っているのは、女性の方です。厳しい環境の中でも「常に美しあれ」という掟のもときらびやかな衣装を着こなしているともて綺麗な女性の方々です。



小さい子もきらびやかな衣装を着こなしてきれいですね。

ギャッベは、遊牧民の大切な財産の一つヒツジの毛で作られています。男性は、荒々しい大地でヒツジを放牧させながらヒツジを育てます。ギャッベに使われる羊毛は、標高の高い厳しい地域で育ったヒツジの毛を使っているので自分の身を守る為に平地で育ったヒツジと比べとてもヒツジ本来の油分が多く、弾力があります。


羊毛自体の長さにもこだわりをもっており、より長くしなやかな毛を糸に紡いで作られているんですよ。


私達は毎年3~4回程イランへギャッベを選定に現地へ赴きます。そこでは選定だけではなく実際に遊牧民たちが住んでいるザクロス山脈へも足を運び、寝泊りを一緒に体感させてもらったりお話を聞かせてもらったりもしています。


作り手の方々と同じ空気を吸って、同じ景色をみて感性を共有し自分たちの心に響きわたるものを厳選したいという一貫した思いの中で行っています。


 

では、イランのザクロス山脈での世界観を写真ですが少しご紹介いたします。私が実際に行ったときに撮影したものになります。


時間が止まったような・・・。何もないからこそ感じる、一つ一つの自然の豊かさや綺麗さ。


イランでは、水タバコが大人のたしなみです。


走っている車は、日本車が多いんです。写真の車はマツダの車。

子供たちも本当にいい笑顔。周りにある自然環境がすべて遊び場であり遊び道具。

まだまだお伝えしたいことは、たくさんありますがそれはまた次のブログでご紹介。次回のブログでは私たちがお伝えする「アートギャッベ」のご紹介。

 

③全国のイベント情報

私たちは、つくり手の方々の想い感性と一緒に一枚ずつ丁寧に伝えていきたい。
そんな想いで今年で16年目。初めてアートギャッベをご紹介してから一貫して変わらずに「体感ができるお店で選んでいただく」ということに拘りをもっています。その為、全国各地の私たちの想いと共感をしていただいている提携店様のところでのみご覧頂くことができます。

下に開催中の店舗様とこれから開催する店舗様をご紹介しております。まだまだ、お伝えしたいことは山ほどありますがどうぞ各会場にて、体感しながらアートギャッベをご覧になられてみてください。

■開催中店舗様■

【東京】アートギャッベショップ MUSUBI 開催中 4月9日(日)まで

住所:東京都品川区二葉3-22-2

TEL 03-3781-5080

営業時間 11:00~19:30

HP:http://gabbeh.co.jp/

 

【千葉】ギャラリー逢花 ボーデコール主催   開催中 4月23日(日)まで

住所:千葉県松戸市馬橋1393

TEL:047-341-0588

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/news/gabbehciba2017-04/

 

■今週末からの開催店舗様■

【広島】井口家具百貨店 4月8日(土)~4月16日(日)まで

住所:広島県広島市西区上天満町7-13

TEL:082-232-6315

営業時間 10:00~18:00(土・日は19:00まで)

HP:http://www.inokuchikagu.co.jp/

 

【新潟】インテリアショップ beau decor(ボー・デコール) 4月8日(土)~4月30日(日)まで

住所:新潟県新潟市秋葉区新津4462-3

TEL:0250-21-3939

営業時間 10:00~19:00

HP:http://www.lohasdesk.com/

 

詳しくは下記のアートギャッベの公式ホームページからもご確認いただけます。

 
アートギャッベ公式ホームページ

座布団サイズのアートギャッベのご紹介

本日は小さな座布団サイズのアートギャッベのご紹介です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたなら、どこに使いますか?

たぶんいろんな使い方が浮かんできます。

椅子の上に敷いても良いですし、絵のように壁や棚の上に飾ってもいいですね。

 

ベンチに

 

ベンチに敷いても絵になります。

アートギャッベの使い方に正解はありません。

 

ミニギャッベの使い方

並べてみると色彩豊かでパッチワークのようですね。

 

車のシートに

最近増えているのが車のシートに敷くお客様。
長時間の運転ってずっと同じ体勢なので、疲れがたまりがちです。

ふかふかのアートギャッベをお共にどうぞ。

蒸れにくいので皆さん喜んでいらっしゃいます。

普段の通勤時の気持ちも、アートギャッベがそばにいると、少し変わってきそうですね♪

 

そんな万能な小さなアートギャッベ、色合いもデザインも様々です。

ぜひご覧になってみてください。

 

全国のアートギャッベ展開催情報はこちらからどうぞ。

全国のギャッベ展開催情報



 

保存

保存