アート ギャッベのユーザー様のお宅にお邪魔してきました。

東京にお住いのS様は、私たちがアートギャッベをご紹介し始めて直ぐからお使いいただいています。

最初のアートギャッベは、15年以上前の蒼いアートギャッベ
お使いのソファの青に合わせて使い始めたそうです。



色合いの鮮やかさや今まで体感したことのないフカフカの肌ざわりがお気に入りだそうで
新潟のお店に来られた際や関東でのボー・デコールの店外イベントに時折遊びに来られて
気に入ったアートギャッベを少しずつ揃えられています。


 

玄関に入ってまずお出迎えしてくれるのは


茜色と染めていない原毛でデザインされたモダンなアートギャッベ
沢山のギャッベを観てきたけど、あまり無いデザインでとってもお気に入りの一枚だそうです。

 

朝の身支度やお風呂上りには、今までベランダの入り口に敷いてた青い淵のパッチワーク。


今までと違って一日に何度も踏みしめる機会が出来て、改めて心地よさを実感されているそうです。
インディゴの色合いも窓際で使っていたため、少しずつ淡い、優しい色合いに育っていったそうです。

リビングスペースを抜けていくと和室には、今回仲間入りした原毛のアートギャッベが


畳や箪笥などの「和」の空間に溶け込んでいます。もう少し模様替えをして、この和室に掛け軸も掛けられるそうです。その際には改めてお写真を撮らせていただきたいですね。

 

そして、今までこちらの和室に敷かれていたアートギャッベは隣のお部屋に


サイズ感も色合いもこれまたピッタリです。

和室に敷いていたときは、重厚感のある深い茜色が落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
建具や床が深い色合いだと 淡い茜色が鮮やかで、華やかな印象ですね。

 

他にも、和室の奥に見えていた玄関マットサイズ(約60㎝×90㎝位)のアートギャッベや
椅子に丁度良い、お座布団サイズと色々なところで楽しんでいらっしゃいました。



近くで開催の際は、また遊びにいらして下さいませ。

 

 

アートギャッベ®では、フェイスブックやインスタグラムでも色々な情報を発信しています。
是非ご覧になってくださいませ。

フェイスブック:https://www.facebook.com/Artgabbeh/
インスタグラム:https://www.instagram.com/artgabbeh/

 

【アートギャッベと呼ばれる7つの理由】を公開いたしました

お客様から、ギャッベとアートギャッベの違いは何ですか?という

質問を多く頂くようになりました。

ギャッベの中でも選りすぐりの作品である 【アートギャッベ】 の紹介を始めて16年。

その中でお客様が『本当にこれを選んで良かった』と感じて頂くために

大切なことを妥協せずに選び抜きご紹介しているのがアートギャッベです。

 

【アートギャッベと呼ばれる7つの理由】を公開いたしました。

ぜひご覧ください。

アートギャッベと呼ばれる7つの理由

お子さまにとってのじゅうたんは世界そのもの

以前、アートギャッベをお選び頂いたお客様から伺ったお話があります。


「子供にこのじゅうたんを使ってもらって

大きくなってもずっと使う。

ひとり立ちして、家を離れて、

たまに実家に帰ってきたら、まだその絨毯が家にある。


その体験を通してひとつのものを長く使ったり

良いものは大切に使うことによって長持ちして

愛着も湧いてくる、ということを体感してもらう場にしたいんです」



1%ef%bc%98%e3%80%8e%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%80%8f%e8%a7%92%e4%ba%95





お客様は実際にご自分がその経験をされていたようで、

小さいころから手織りの絨毯が家にあって

今でもそれが実家にあるそう。

それが体験として残っているから、同じことを

子供にも伝えてあげたい、と話してくださいました。




今の時代、こういうものって少ないので、本当に大切なことだと思います。



以前にこんなこともありました。

アートギャッベをお選び頂いて、いざお客様のお宅へお届けを、というとき。

以前から使っていたラグを引取りする、ということになっていました。

するとお子様が、「いやだー!!!」と泣いてしまって。



今までずっとあそび場だったラグがなくなってしまう、ということが

とても大きなことだったようで、その時はひとまずラグの引取りはしないことにしました。


お子さまにとっては小さい頃は特に一番のあそび場がじゅうたんであり、

じゅうたんがお子様にとって世界そのもの、だと言っても過言ではないかもしれません。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




そのじゅうたんが、成長してもずっとそばにあって、
ひとり立ちして家を出た後もずっと家にある。

それってとっても大きなことだと思います。

子供のころは特別何も意識しないかもしれません。
当たり前のようにそこにある、それがいいのだと思います。

でもその当たり前のものが

自然の素材で
草木で染めた色合いで
手仕事の長く使えるものであること。

それはのちのちのそのお子様の価値観に大きな影響を与えるものだと思います。

19%e9%87%91%e4%ba%95%e6%a7%98%e3%80%8c%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e3%80%8d%ef%bc%88%e5%b1%b1%e6%9c%ac%ef%bc%89
お子さまにとってのじゅうたんは世界そのもの。
だからこそ、その世界を長く使える、良い影響を感じられるものに。

そう思うのです。