月別アーカイブ: 2017年5月

ギャッベから何を感じる? 大地と草原が生み出したアート

あくせくと一日が過ぎ去っていく現代社会

 

電車の通勤ラッシュは心のモードを一旦OFFにして
一日分のエネルギーをそこで消費したかのような疲労感。
今日もやりたいことができなかった。。
明日こそは・・・
そんな思い繰り返している人は少なくないかもしれません。
アートギャッベを発信している私たちの拠点は新潟。
窓からの景色はこんな感じです。
私たちがいつも選定に足を運ぶイランの風景。


テヘラン中心部はビルが立ち並ぶ都会ですが、
田舎へ車を走らせると、こんな景色が広がっています。
ギャッベは自然をお手本にしているじゅうたん。
大地の色、草原の色をその一枚に表現する。
あるお客様が話してくれました。
アートギャッベの上にいると、土のにおいがしてくるの。
風景を表現するようなギャッベの上で、
人はまるで大地に寝そべっている感覚になるのかもしれません。
人はどんなところに寝ころんだら、心も体もストレスフリーになれるでしょうか。
高級ベッド?
リクライニングチェア?
インテリアショップである我々が言うのもなんですが、
私が確信をもって感じるのは
草原の上!
子どものころやピクニックで寝ころんだ草原の開放感。
これ以上のストレスフリーはないのではないでしょうか。
あくせくとした毎日にひと時のくつろぎ。
大地に包まれるように。
草原の上で寝そべっているかのように。
アートギャッベで体いっぱい開放感を味わってみるのはいかがでしょうか。
保存

保存

保存

ギャッベはどうやって選べばいいの? 【大きさ リビング編】

ギャッベはどうやって選べばいいの?
【ギャッベの大きさ リビング編】

リビングにアートギャッベをご検討されているお客さまに必ずお話しすることがあります。
それは、じゅうたんはお店で見るよりも家に敷いた時の方が小さく感じる、ということです。

実際に、こちらの写真が、まずお客様がはじめにこの大きさが合いそうだね、といって

見始める大きさ、120×180㎝を敷いたときの写真です。


このくらいが合いそうかな?と思って選んだサイズはこの写真のように

かなりコンパクトで物足りなく感じることが多いのです。

実際にご自宅に敷いてみると意外と小さいですよ、とお話ししても

言葉だけでは信じて頂けていないかもしれません。それは無理もありません。

なぜなら、家具はお店で見るとよいかな、と思っても家に置いたら大きくて失敗した!

という経験をされている方が多いから。


特にソファやテーブルでそういった経験をされることがあるのではないでしょうか。
なぜこのような感覚になるのかというと、主に「高さ」が関係しています。

お店は通常、家よりも広く、そして天井も高い空間に家具がならんでいるため、実際の家に敷いた時の感覚はつかみづらいもの。
お店より低い天井の自宅に家具が届いた時は確実にお店で見た時よりも大きく見えて圧迫感を感じたりします。

その点、じゅうたんはどうでしょうか。


じゅうたんは高さが1、2cmほどしかないインテリアのため、家に置いても大きく感じることはありません。

それに加えてお店では立ってじゅうたんを見ていますが、家では直接座ったり、寝転んだりする。
実際に身を預けてみるともう少し大きい方が良かったなぁ、と小さく感じてしまうことが多くなるわけです。


ギャッベを選ぶときには必ず上にのって、座ったり寝転んだり、体感して選んでもらいたいという思いから
私たちはwebでの販売をせず、お店で直接アートギャッベをお選び頂いています。

それでは今回はギャッベの大きさを選ぶ上でのポイントをご紹介いたします。

その1. どうやって過ごすのかをイメージする

ギャッベを選んだら、どんなふうに過ごしたいですか?

家族と一緒にみんなでゴロゴロしたい。

ひとりの時間を満喫したい。

さまざまな思いがあることと思います。

ギャッベをどう使いたいか、
選んだギャッベの上でどんな風に過ごしたいかをイメージしてみてください。

たとえば、3人がけのソファの前に敷いて、家族4人でゆったりと使いたい。


そんな方にはこちらのお客さまのように、170✖️240以上のサイズがおすすめです。
小さめのテーブルを置いても寝転べるくらいのスペースがとれるのと、
横方向に寝転んでも170cmあるため、ゆったりと使える大きさとなっています。


こちらの150✖️200サイズだと意外と小さい、と感じられるかもしれません。
そんな時は思いきってテーブルを置かないか、サイドテーブルにして、ギャッベをまるごと楽しむのもよいでしょう。

その2. お部屋と家具とのバランスを考える

たとえばこちらのように


リビングダイニングで、150✖️200cmのギャッベを敷くと、意外と大きさが物足りなく感じてしまいます。
こちらのお宅は後にソファが届く予定なので、このサイズを選ばれました。

次はこちら。


空間に対して少し大きいかなというギャッベ。どうしてもそれが気に入って他はもう考えられない!

大きさはもう諦める!
そのくらいの出会いであればよいと思うのですが、お部屋とのバランスを考えると大きすぎるのは嫌だ、という方は
お店で図面をみながらスタッフの方に相談したり、今お使いのラグの大きさを把握し、お部屋全体の写真を撮って
お店にいくのもおすすめです。

8畳以上のリビングであれば、150×200(2畳弱)や下の写真の170×240(2畳半強)の
サイズはソファとテレビボードの間にバランスよくおさまるサイズです。


もっと大きなゆったりしたリビングであれば、下の写真のように200×250や200×300のサイズをおいてもバランスよく楽しめることも少なくありません。

その3. 完璧な大きさは求めず、合うサイズの中で、本当に気に入ったものを選ぶ

そもそもギャッベのサイズは日本の住まいに合うように作られているのではなく、織り機の大きさで決まっています。

主なサイズ
200×300、200×250、170×240、150×200、120×180、100×150、80×120、90×60など。

織り機の大きさが決まっている分、それと極端に違うサイズ、というのはほとんど織られることはないため、
上記のようなサイズを目安にして選んでいくことになります。
何と言っても手織りで手間がかかるため、このデザインでこのサイズがあれば、といって探していくとなかなか見つからないのがギャッベです。

大きさがぴったりのものは難しいため、大きさは初めから完璧は求めずにあくまで目安とすること
少し大きくても、少し小さくても、その中から一番気に入ったものを選ぶ。

ということがギャッベ選びにおいてはポイントとなってきます。

例えばご新築で家具もこれから、という場合にソファの前にテーブルは置くかどうか決めていない場合に
3人掛けソファの前にゆったりとバランスの良い170×240だけを候補にするのではなく、
テーブルを置かなければゴロンとできる150×200も候補にする。


170×240サイズを置いた場合。

 


150×200サイズを置いた場合。
このように、ひとつのサイズに絞るのではなく、選択肢を広げたほうがたくさんのギャッベから
本当に気に入った1枚を選ぶことができます。

ぜひお店でご覧になる際には

①どんなふうに過ごしたいか
②お部屋の大きさとのバランスはどうか
③ぴったりではなく、どのサイズまでがバランスの合うサイズか

このような目安で大きさを考えてみてください。

保存

保存

保存

保存

不便さや手間がかかることの先にあるもの

現代は便利で快適な世の中です。

 

 

 

お店に入ればエアコンで快適な温度。

離れていても、フェイスタイムでいつだってつながれる。

欲しいものはお店に足を運ばずともボタンひとつで購入できます。

 

それを否定するつもりは全くありません。

このことによって、私たちの世界はどんどんと広がっています。

 

 

でも、少し立ち止まって見返してみるとどうでしょうか。

 

私が以前アートギャッベ展でお邪魔したお店は

建物の構造上エアコンの効きが悪いスペースがあり、

そこはしびれるほどの暑さでお世辞にも快適とは言えません(笑

 

でもお客様を見ていると、「うわぁこっちの場所すっごい暑い~」と言いながらも

少し楽しそうだったりします。

スタッフさんたちもそれをネタにしながらお客さまと気持ちの良いコミュニケーションをとっていたり。

 

 

フェイスタイムでよく話しをしている人とでも

やっぱり会って話そうよ!と言って

大事なことは会って話をして、心がすっきりしたり。

そんな経験があります。

 

 

以前、アートギャッベを購入してくださったこちらのお客様はこんな話をしてくれました。

 


 

「お店の人や作り手の人がどんな思いでそれを紹介しているか。

そんな思いを聞きながら買い物をする、ということが好きなんです。

そうやって購入したものを大切に使っていきたい。」

 

 

これは決してボタンひとつでは味わえない豊かさではないでしょうか。

 

 

私たちはアートギャッベを通して、便利さや快適さではなく、

「不便な中にある楽しさや、手間がかかるけれど心が豊かになること」

そんなことをお客様と一緒に話ができればと思っています。

保存

保存

ギャッベはどうやって選べばいいの? 【デザイン編1】

ギャッベを使いたい!!

だけど一点ものだし、どうやって選んでいいかわからない。

そんなお客様からの声を多くお聞きします。

長く使うものだし、絶対に失敗したくない。

だけど多くの方にとって、リビングにギャッベを購入するのは初めて、という場合が多いのが現実。

迷ったり、選び方がわからない、というのは当然のことと思います。

そこでギャッベの見どころやポイントをブログでご紹介していきたいと思います。

ぜひギャッベ選びの参考にしていただけると幸いです。

 

 

その1.手織りならではの背景の美しさ

 

いきなり、背景?と不思議に思われるかもしれませんが、

手織りの醍醐味とも言える魅力。

それが独特の背景の美しさです。



特に3枚目の写真がわかりやすいかもしれませんが

グレーの糸で織りこまれているところでも、織り手の女性が一本一本糸をかえながら

織りこんでいっているため、均一ではない独特のグラデーションや色のゆらぎがみえてきます。

これが、実際に使っていると光の加減で違う表情をみせてくれてとても美しいのです。


 

その2.まっすぐではない、線のゆらぎ

 


手作りのものを使うことの良さ。

それは、きっちりとしていない、その表情を楽しむことにあるのではないでしょうか。

あぁ、人の手でつくられているなぁ。

これはギャッベを織り始めたばかりの女性が、頑張って織ったのかなぁ。

線のゆらぎの向こうに、人の織っている姿が透けて見える。

そんな表情も大きな魅力のひとつです。

 

その3.シンプルな中にもさりげない個性

 


冒険したいけど、やっぱりシンプルな方が長く使えるかしら・・・

いや、ギャッベだったら思いっきり柄を楽しみたい!

そんないろいろな思いが葛藤すると思います。

そんな方には、シンプルな中にもさりげない遊び心や可愛さがあるものがおすすめ!

色合いの美しさと、ギャッベならではの遊び心。

その両方を楽しむことができます。


こういったところをポイントにしていただくと、

良いアクセントになりながら、独特の存在感と美しさを

ギャッベを敷くことによって楽しむことができます。

 

引き続き、ギャッベの選び方シリーズをブログで連載していきますので

ぜひお楽しみに♪

保存

保存

2017年4月22日発売の「チルチンびと」の別冊「薪ストーブ年鑑2017」に、アートギャッベが掲載されました。

薪ストーブに合わせたインテリアとして、アートギャッベが紹介されました。
アートギャッベに寝転んで、家族と共に火の揺らぎ楽しむ時間も素敵ですね。
ぜひ、書籍をご覧になって取扱店にて本物のアートギャッベをご覧になってみてください。
(画像をクリックするとPDFが開きます)

170422chilchin

体いっぱいに感じて欲しい 手織りじゅうたん アートギャッベ

皆さま手織りじゅうたんの織り方をご存知でしょうか?


 

こちらはゴッホの絵画。

手織りというと、こういった機織りをイメージする方も多いかもしれません。

 

しかしギャッベのような手織りじゅうたんで使う織り機はこちら。

 


 

とてもシンプルで原始的な織り方です。

この織り機にぴんと張った経糸に、横糸を絡めては切って絡めては切ってと結んでいきます。

 


 

このように、片手にナイフを持ちながら、経糸に絡めて切っていくのです。

柄があってもなくても、一本横糸を絡めたら切っていきます。

それはとても気の遠くなるような手仕事です。


 


 

一本一本の緯糸は、縛らずに絡めている状態なので、それだけでは強く引っ張ると抜けてしまいます。

そこで、一列すべての経糸に絡め終わると、締め糸という横糸を入れて

上の写真の道具でたたいて押さえつけていきます。

 

それによって、糸が抜けずに丈夫な弾力となるのです。

 

そんな風にして手間をかけて織られたギャッベたち。

私たちはイランで年に3回選定をする際に、一枚一枚現地のスタッフさんたちにめくってもらいながら

丁寧に表情と織りの状態を確認させて頂いています。

 


 

それはこういった大きいギャッベだけでなく、小さいサイズも同じです。

 



必ず全体の表情と織りの状態、肌触りなどを確かめながら選んでいるので

一枚一枚を選ぶのにもじかんをかけます。

 

だからこそ、皆さまには、ギャッベ全体の表情をあますところなく見てもらい

しっかりと体感して頂きながら選んで頂きたい、と強く思っています。

 


 

こちらはアートギャッベ展の様子。

一枚一枚、半分ずつめくりながら見ていく。

これがアートギャッベ展の醍醐味、のような楽しみ方で、

次はどんなアートギャッベが見れるかな?とわくわくする感じがたまりません。

はじめから全部をみれないところが大切で、重ねてあるので

めくらないと見れない、このワクワク感がたまらないのです。

 

でも、やはりなんといってもアートギャッベ1枚をあますところなく体感していただいてこそ

その魅力を感じることができます。

 


 

気になったアートギャッベがあれば遠慮なく、全体の表情を確かめながら

ぜひこんな感じで寝ころんで体感してみてくださいね。

 

 

保存

保存

保存

保存