華やかさをプラス

こんにちは。先日も素敵なアートギャッベをお選び頂きました。

イベント会場の近くにお住まいのM様は、お部屋に丁度いい大きさを事前に測り、お持ちのソファとラグに合いそうな、緑色のアートギャッベを探しに来て下さいました。

肌触りも含めじっくりご覧になり、お気に入りの中から数枚を、ご自宅で実際に敷いてみることに。

 

すると…

 

 


選んでくださったのはこの、赤色のアートギャッベ。

 

緑色、とお考えだったM様ご夫婦自身、とても驚かれていましたが、

敷き比べてみると、不思議なほどにお部屋に明るさと華やかさ、そして元気をもたらしてくれたのがこちらの一枚でした。


赤をベースに、様々な色を使い緻密な柄を織り上げた一枚。

草木染の優しい風合いが、お部屋に馴染みつつ、華をもたらしてくれました。

 

いつも、近くに住むお孫さんが遊びに来て賑やかだというM様宅。

そんな普段の暮らしと、溌剌としたご夫婦にとってもお似合いの一枚でした。

 

M様、この度は有難うございました。一年中、使い心地の良さをお楽しみ下さいませ。

前にも後ろにもアート ギャッベ

6年前に開催されたイベントで、茜色のアート ギャッベに出会われたK様
リビングの白いソファ前に鮮やかでいて深みのある赤いギャッベに心惹かれたそうです。

小学生だった息子さんも高校生になりましたが、部活で疲れた後もギャッベでゴロゴロすることも!

                                                       170㎝×240㎝ほど

写真では、リビングの隣にある畳のお部屋にアートギャッベが敷かれていますが・・・
そうです!
久しぶりの柏でのイベントにご来場いただき、染めていない白やグレーの原毛
と草原のような緑色のアートギャッベに出会われました。

                                                       170㎝×240㎝ほど

ご夫婦で会場に来て、いくつかのアートギャッベが候補にあがり、御自宅で4枚ほどの候補の中から
息子さんも一緒になって選んだのはご夫婦が会場で一番気に入っていたアートギャッベでした。

一緒に過ごしている家族は、やっぱり同じような感性になるのでしょうか!

そして、もう一人いつもリビングで過ごしている大切なお嬢さん♪


チャムちゃんも芝生のようなアートギャッベを敷いた時が、一番穏やかにリラックスしていました。
いつもお留守番しているワンちゃんも一緒に選んだ素敵なアートギャッベ、6年間目の前にあった茜色のギャッベは
チャムちゃんを挟んで反対側へ、季節や模様替えの際にたまに入れ替えてお使いになるそうです。


家族みんなで、アートギャッベライフを楽しんで下さいませ。

 

全国で開催しているアートギャッベ展の会場では、椅子の座面や車のシートにピッタリなサイズ

 

玄関やお座布団代わりにピッタリな60㎝×90㎝、80㎝×120㎝ほどのサイズ

 

ソファの足元やベットサイドに丁度良い100㎝×150㎝、120㎝×180㎝ほどのサイズ

リビングにアクセントとなる150㎝×200㎝、170㎝×240㎝ほどのサイズ

家族でゆったりゴロゴロできる200㎝×250㎝、200㎝×250㎝ほどのサイズなど


様々な大きさの厳選したギャッベを200枚以上ご覧いただけます。

皆様、是非会場に遊びに来てみて下さいませ。

 

全国のイベントはコチラ

アートギャッベのお届けに伺ってきました。

以前もご紹介させていただいたS様

 

柏でのイベントにも たまたま用事があってお立ち寄りいただき、またまた出会ってしまいました。

今まで玄関でお使いの茜色のアート ギャッベから


今回は、緑と黄色が爽やかな1枚に衣替え♪


敷物の色合いが変わると玄関の雰囲気が変わりますね。

60㎝×90㎝位の大きさは、このように玄関でも
デスクの足元やベットサイド、座卓周りの座布団変わりなど
色々なところでお使いいただけます。



 

お気に入りを色々なところで楽しむのも、小さめサイズならではの楽しみ方ですね。

S様の今までお使いの茜色のギャッベは、何処にお引っ越ししたかについては
また、報告させていただきます!

全国の取扱店

全国のイベント情報

 

偶然が重なった出会い

新潟県 U様

【購入店舗】 ボー・デコール新潟


「偶然が重なる運命の1枚」

アートギャッベを4,5年前から探されていたU様。

イベント際やお店の近くに来られた際に、よく遊びにいらしてくれていたそうですが
なかなか『これは!』と言う1枚に巡り会わなかったそうですが・・・突然の出会い♪


ご新築の際に一枚板のテーブルをと、ご主人の憧れもあったそうでボー・デコールへ
近々一枚板展をするのとのことで、後日改めてご案内を楽しみにしていたそうです。

そろそろ始まる頃ですが、ご案内が届かない?丁度近くに行くことがありホームページを見ると開催中!!
スタッフもご案内を送っていたそうですが、どこかに紛れてしまっていたそうです。

ご来店された際にまずは、楠の一枚板に一目惚れ
その形や節の入り方が何とも表現しがたいですが気に入ったそうです。
実はこの楠の一枚板は、届かなかったご案内の表紙に載っていたのですが
U様を待っていたかのようにお店で待っていてくれたとのコト。

 

そして、いつものようにアートギャッベの展示されている方へ行ってみると


一番手前一番大きなサイズの山の一番上に、念願のアートギャッベとの出会いが逢ったそうです。

触れてみると染めていない原毛特有の肌触りの中でも特別に気持ちのいいアートギャッベ!
このアートギャッベも 県外のイベントに行っていたモノが数日前に新潟に戻ってきたばかりで
スタッフの中でも特に人気があった一枚です。


ご新築の完成まで、どちらもお預かりしていましたが先日お届けに伺ってきました。
アートギャッベと一枚板との久しぶりの再会でしたが、実際に新しいお家に置いてみて
やっぱりこれにして良かったと素敵な笑顔を頂きました。

全国でも沢山のアートギャッベがご覧いただけるイベントで出会いがある方も多いですが、
普段のそんなに多くない展示の中でも出会いがある方もいます。

一枚一枚手作業で織られるアートギャッベは、それぞれに個性がある事もそうですが
陽の当たり方、観る方向、時間帯によって色々な表情を見せてくれます。

いつも観に行っている、全国の取扱店でも何となく気になる一枚があった時は
観る場所を陽ざしの差し込む所で観てみたり、時間帯を変えてみたりすると
思いがけない出会いが訪れるかもしれませんね。
 

 

 

アート ギャッベのユーザー様のお宅にお邪魔してきました。

東京にお住いのS様は、私たちがアートギャッベをご紹介し始めて直ぐからお使いいただいています。

最初のアートギャッベは、15年以上前の蒼いアートギャッベ
お使いのソファの青に合わせて使い始めたそうです。



色合いの鮮やかさや今まで体感したことのないフカフカの肌ざわりがお気に入りだそうで
新潟のお店に来られた際や関東でのボー・デコールの店外イベントに時折遊びに来られて
気に入ったアートギャッベを少しずつ揃えられています。


 

玄関に入ってまずお出迎えしてくれるのは


茜色と染めていない原毛でデザインされたモダンなアートギャッベ
沢山のギャッベを観てきたけど、あまり無いデザインでとってもお気に入りの一枚だそうです。

 

朝の身支度やお風呂上りには、今までベランダの入り口に敷いてた青い淵のパッチワーク。


今までと違って一日に何度も踏みしめる機会が出来て、改めて心地よさを実感されているそうです。
インディゴの色合いも窓際で使っていたため、少しずつ淡い、優しい色合いに育っていったそうです。

リビングスペースを抜けていくと和室には、今回仲間入りした原毛のアートギャッベが


畳や箪笥などの「和」の空間に溶け込んでいます。もう少し模様替えをして、この和室に掛け軸も掛けられるそうです。その際には改めてお写真を撮らせていただきたいですね。

 

そして、今までこちらの和室に敷かれていたアートギャッベは隣のお部屋に


サイズ感も色合いもこれまたピッタリです。

和室に敷いていたときは、重厚感のある深い茜色が落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
建具や床が深い色合いだと 淡い茜色が鮮やかで、華やかな印象ですね。

 

他にも、和室の奥に見えていた玄関マットサイズ(約60㎝×90㎝位)のアートギャッベや
椅子に丁度良い、お座布団サイズと色々なところで楽しんでいらっしゃいました。



近くで開催の際は、また遊びにいらして下さいませ。

 

 

アートギャッベ®では、フェイスブックやインスタグラムでも色々な情報を発信しています。
是非ご覧になってくださいませ。

フェイスブック:https://www.facebook.com/Artgabbeh/
インスタグラム:https://www.instagram.com/artgabbeh/

 

玄関に『絵』を飾る。足元のおもてなし。in 鎌倉

こんにちは。
鎌倉を歩いていると浴衣の方をよく見かけます。
昨日、こちらの会場にも浴衣美人お二人にお越しいただきました。
女性らしく、涼しげな出で立ちで、女性の私も目で追ってしまいます(笑)
カランコロン♪と下駄の音。なんとも心地よく、夏だな~としみじみしました。

さて、「夏こそ気持ちいい アートギャッベ展 in鎌倉」の残すはあと3日!

今日はアートギャッベの玄関での使い方についてのお話ししたいと思います!

中東、欧米風の敷き方にチャレンジ!

玄関に敷く絨毯というと、こういうイメージを持っていらっしゃる方が多いです。

IMG_0760-1-thumb-600x400-4490
横長に敷くタイプです。
アートギャッベではこういう敷き方をされている方も多いです!

2
縦に敷くタイプです!
お気に入りの1枚に出会ったものの、横に敷こうと思ったら、おっ置けない・・・。
そう、縦に置くのも一つですよ!縦なら置ける、っということが多いでのす!
実際に、中東や欧米では縦使いのほうが多いくらいです。

玄関に『絵』を飾る。足元からおもてなし。

玄関に絵を飾っているという方はよくいらっしゃいます。
玄関マットを絵として飾るのはいかがですか?
実際に壁に『絵』として飾っている方もいらっしゃいます!
それも良いですが、やっぱり踏みたい!という方はやはりおすすめなのがこの縦置き!

IMG_0418
また、織り機や伝統的な織り方によって、縦向きの絵柄が多いのです。
特に現地の風景を切り取ったように描かれているアートギャッベはどうしても見る向きがあります。
しかも、やはり素敵で心を動かされるものが多いです。
まさに、『風景画』!
玄関マットを絵画の一つとして置いてみるのはいかがでしょうか?
玄関を通るたびに、つい足を止めてしまうかもしれませんね!

IMG_0421
玄関マットをご検討の方は、玄関に絵を飾るように、縦使いも選択肢の一つにしてみてください♪
明日も元気に皆様のお越しをお待ちしております!

 

「夏こそ気持ちいい アートギャッベ展 in鎌倉」

会 期:8月7日(土)まで ※会期中無休
会 場:一期一会 (鎌倉駅徒歩3分)神奈川県鎌倉市小町1-5-12
時 間:10:00~19:00
主 催:インテリアショップ ボー・デコール
新潟新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
TEL 0250-21-3939

 

リビング

みんなが集まるリビングスペースを彩るアートギャッベ

デザインや色合い、敷いているサイズも様々ですがお気に入りの1枚をお部屋に取り入れることで、毎日の暮らしがとっても幸せな気持ちになりますね!

 

濃いめの床

 

2013.11.23 中央区 大橋様 笹 (3)
 

2013.8.20 中村様8 湊

 

2014.02.09 西区 佐藤様 (小) (3)
 

 

明るめの床

 

2013.10.20 燕市 菊池様 中
 

中間色

2013.11.3長岡市土田様
 

ダイニング

ダイニングテーブルの足元&キッチンマット

食卓に華やかな彩りを楽しまれている様子をご紹介いたします!

gabbeh1 (136)
 

 

gabbeh1 (181)

豊富な脂分を含む羊毛は汚れにくいため、ダイニングテーブルやチェアの下、

キッチンなどの水回りでもお使いいただいています。

IMG_8314

o0685102411446060854
 

003-(2)

長い時間立ち仕事をするキッチンに「フカフカ」のアートギャッベを敷くことで

疲れにくかったり、お料理を作る時間もいつにも増して楽しくなりますね!

実用面でも、モノを落とした時の床の保護や細かなホコリ等を空気中に舞わないように

押さえつけてくれることでお食事スペースに最適ですね。

ダイニング
 

DSC01011
 

10000319

玄関

お家に帰ってきた時に迎えてくれる

大好きな1枚の「ギャッベ

何気ない一枚のじゅうたんが彩りと元気を与えてくれます。

 

IMG_0760-1-thumb-600x400-4490
 

DSC08330
 

DSC00513
 

6
 

9-3
 

3
 

gabbeh1 (98)
 

2013.4.21 阿賀野市 信田様 山
 

2013.11.23 東区 鈴木様 渡 (3)
 

2013.10.20 燕市 菊池様 中 (10)
 

DSC_1684
 

 

和室

和の空間

天然素材で主に草木で染められるギャッベの

風合いは和室にもピッタリです!

茜色のギャッベ

DSC01561
 

gabbeh (77)
 

インディゴ(藍)のギャッベ

1435627233704
P1020660
 

みどりの草原色のギャッベには、

子孫繁栄を願うザクロが織り込まれています。

2016.01.18 窪澤様 中
 

クルミ色の細長いギャッベは、

一枚板のテーブルサイドでお座布団代わりに

gabbeh (55)
こちらは・・・なんと床の間にギャッベを活用しています♪

gabbeh (56)
 

 オールドギャッベ

玄関の土間と奥のお部屋に現地イランで大切に使われていた3、40年モノのギャッベ

IMG_8325
使い込まれた風合いが、日本人の感性に響きます。

 

 

 

 

寝室・書斎

ベットサイドや寝室などの自分の空間に

大好きな自分専用のギャッベ

お休み前にストレッチをしたり、読書や音楽を聴きながら

ついついギャッベの上でウトウトとするのも気持ちいいですね♪

 

DSC_5001
 

DSC01017
 

IMG_1384
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

2014.5.3 都築区 生永様(3)
 

石崎家具様2015.06.30