作成者別アーカイブ: artgabbeh_staff

雨が降ったらいい天気!と言って踊ろう

梅雨に入り、雨の日が増えてきました。

 


 

私は傘をさすのがあまり好きではなく、子どものころは外で遊ぶのが大好きだったので

梅雨の時期はやはり憂鬱になっていました。(それでも気合で遊んでいましたが・・・)

 


 

大人になって、車に乗るようになってからは雨で不便さを感じることも少なくなって

雨の中を通る車の音や、雨に濡れた葉っぱの香りを意識して感じられるようになり、

雨の日も悪くないな、と思うようになったものです。

 

私たちは年に3回、イランを訪れるのですが、16回イランに行ったことのある私でも

雨に遭遇したのは2回だけです。

それもほんとうにパラパラとぱらつく程度で、すぐに降りやんでしまいました。

そんな雨が降った時に、隣にいたイランのスタッフさんが、「いい天気!今日はラッキー!」と言ったのでした。

なぜ?と聞くと、イランではめったに雨が降らないから雨が降るといい天気!って言うんだよと

教えてくれました。

日本では逆だよ!場所がかわれば捉え方は真逆だね!とその時いた皆さんと驚いた覚えがありますが

それもそのはず、イランでは年間の降水量が日本の一か月よりも少ない量です。

 



 

一番雨が降る4月でも35ミリほどで、日本だと一日で降ってしまうくらいの量です。

夏ともなると月で2,3ミリほどと、ほとんど雨がふらない状態です。

 

そんな状況で飲料水や作物は大丈夫なの?と心配になりましたが、冬に山に積もった雪が

だんだんと溶けて雪解け水となり、イランの人々の暮らしを潤してくれているのです。

 

以前、日本に手織りの実演に来られたイランの女性は雨を見てとても喜んでカシャンゲ!と言っていました。

カシャンゲとはペルシャ語で美しい、という意味です。

カシャンゲ!と言いながら踊ろう!といって、雨の舞をみんなに披露してくれたのでした。

 

大切な水。それがこの雨からもたらされるという当たり前のことにあらためて感謝しつつ

雨が降ったらいい天気!ありがとう!とイラン流に過ごしてみるのも気持ちが前向きになるものです。

 


 

ちなみに雨の日はアートギャッベが湿気を含んで、呼吸とともに羊の毛のにおいが

いつもより少しはっきりと感じられます。

そのにおいを感じたら決まってこんな風景が頭にふくらみます。

 


雨の日に、自然の恵みを感じながらアートギャッベを楽しむのはいかがですか?

じゅうたんが教えてくれること。身近なものこそ自然のものを。

以前、アートギャッベ提携ショップのスタッフさんから
素敵なエピソードをお聞きしたのを思い出したので、ご紹介させていただきます。

 

アートギャッベをお選び頂いたお客様が、使い始めてからお子様の描く絵の
色遣いが変わってきて、アートギャッベに入っている色を使うようになってきたそうです。
 

 

じゅうたんはとても身近なものだからこそお子さまの豊かな感性に変化が見られて、
機能的な面だけでなく、こういう変化があると本当に使ってよかったと感じる瞬間でもあります。
 

その変化に気づく親御さんの愛情も素晴らしく、とてもあたたかな気持ちになったことを覚えています。
 
 
 
他にはこんなことがありました。
 

お店で楽しくお子さまも一緒に見ながらアートギャッベをお選び頂いた日のこと。
 

いざお届け、とお客様のお宅にお邪魔したのですが、それまでお使いになっていたラグをもう使わないので、

ということでお引取りすることになっていたのです。

 
しかし、引き取ろうとすると、お子さまが「絶対に嫌だ!」とものすごく泣いてしまいました。

そしてそのラグを引き取ることはやめることになりました。
 

お子さまが小さな頃から使っているブランケットなどを、ずっとそれがないと安心して眠れないから

大きくなるまで使っているということがあります。

それと同じで、じゅうたんもお子さまにとって、ずっと肌に触れながら、身近で包み込んでくれる存在。
 


 
それがなくなってしまう、ということに大きなショックをおぼえたのだと思います。
 

だからこそ、そのじゅうたんが、自然のもの、気持ちの良いもの、草木染の優しい色合いのものだったら。

そこから育まれる心や感性はとても大きいものがあるのではないでしょうか。

「さわる」という行為からどんどんと遠ざかっている時代に

私たちがインターネットでアートギャッベを販売しない理由

 
 
それはアートギャッベをさわって選んで頂きたいから。
これが一番です。
 
 
さわることってとても大切だと考えています。
 
今はインターネットの急速な進化で「さわる」という行為からどんどん遠ざかっている時代。
 
 
家に届いて、初めてさわる、ということが増えています。
 
 
私事ですが、2歳の娘はお店にいくと、とにかくいろんなものをさわるさわる。
こちらはひやひやしながら、さわらないように。と伝えます。
 
でもある時ふと思ったんです。
 
 
きっと、子供はいろいろなものをさわりながらその物体がなにものであるかを知り、成長していっている。
そう思うと、やみくもに注意する、というのは危険な気がしてきました。
 
ある人は、同じ仕事をする相手と必ず握手をする、と言います。
 
 
そこから得られる実感、生きているという行為を省略したくないと。
 
確かに、握手から伝わってくる手のぬくもり。とても大きなものだと感じます。
 
 
 
アートギャッベも「さわる」という行為から伝わってくる大切なことがあると考えています。
 
 
 
 
羊の毛が持ち合わせた個性
 
月日をかけて織られたという実感
 
手仕事だからこそ、不完全だということ
 
 
 
 
そんなことを、お客さまと一緒にさわりながら感じて、一枚のアートギャッベを深く深く感じていきたいと思っています。

ギャッベはどうやって選べばいいの? 【色合い編1】

ギャッベを選び時に皆さまが迷う理由。

一番はいろいろな色合があるからではないでしょうか?

 

どんな色にしたらいいんだろう?決められない・・・

そんなお客様の声を多くお聞きします。

 

そこで今回はギャッベを選ぶ際の色選びのポイントをまとめてみました。
 
ポイント
 

① 草木染めで優しい色合いのアートギャッベならいろいろな空間にマッチします
② はじめから色を絞り込みすぎると、これ!というギャッベと出会うのは難しい
③ アクセントにするか、空間に馴染む雰囲気にするか
④ おすすめは絵のように、本当に気に入ったものを購入すること
 
 
① 草木染めで優しい色合いのアートギャッベはいろいろな空間にマッチします
 
ギャッベの糸は伝統の的な草木染めで染められるものが少なくなり、化学染料のものも増えてきています。
 
しかしアートギャッベは草木染めで優しい色合いのものを現地で一枚一枚厳選しているためさまざまな空間に無理なくマッチします。時には素敵なアクセントに、時には家具をひきたたせる存在として活躍してくれる色合いです。
 
 
 
② 初めから色を絞り込んで探すと、これ!というギャッベと出会うのは難しい
 
お部屋にこの色が合うと思うから、一年中使いたいから、この色が好きだから・・・。さまざまな理由でお店に来られる前から特定の色を探してご来店されるお客さまも少なくありません。
 
同じデザインで色が選べるラグであれば、こんな色が良いなと決めて選ぶのも良いでしょう。
 
ただギャッベの場合、この色が良いと決めて選んでしまうと一気に選択肢が狭まってしまいます。
 
 
こちらはある展示会の風景。
 
展示が多いフェアでギャッベをご覧になったとしても200枚から300枚。
たくさんある!と思っても、その中でリビングに170×240㎝くらいのサイズを敷きたい、と思うと展示枚数は20枚~30枚ほどです。 
お客様の中では緑の明るめが良い!と言って探しに来られる方もいらっしゃるのですが、
染色の関係で緑のギャッベは比較的少なく、その中で明るめの緑、となると1枚あるかないか、となってしまいます。これではせっかくのギャッベ選びの醍醐味を味わえません。
 
アートギャッベをお選びになった時、お客様がおっしゃる言葉でとても多いのが「この色を自分が選ぶと思わなかったわ!」というもの。好きな色合いや希望の感じがなんとなくあったとしてもそれを超える出会いがあるからこそギャッベの楽しさを味わえるというもの。そして普段選ばなかったり、意外性のあるものを良いと感じて選ぶと自分の中の感覚や価値観が広がることにもつながります。
 
 
③ アクセントにするか、空間に馴染む雰囲気にするか
 
せっかくなら空間の主役になるような一枚を選びたいでも、でもなかなか勇気がいるし・・・
空間に自然と溶け込むナチュラルな雰囲気も捨てがたいなぁ・・・。
ギャッベ選びの時にはさまざまな思いが駆け巡ります。長く使うからこそ、無理もありません。
 
たとえばお部屋のアクセントにする場合
 
 
このように床やソファの張地などとはっきりと違う色合いをもってくると、コントラストがついて良いアクセントになります。それぞれが強烈な色合いではないアートギャッベだからこそ、どの色も違和感なく敷くことができます。
 
続いて、お部屋に馴染ませる場合はこんな雰囲気です。
 
 
明るい色合いの床ですと、色を染めていない羊の毛で織られたものや
優しい色合いのトーンで表現されているものも、空間にすっと馴染んでくれます。
 
例えば赤のアートギャッベを敷いたとしても、明るめのトーンのものだとしたら
意外と空間に馴染んでくれます。
 


 
こちらは深めの色合いの床の場合。
 
 
先ほどと違って、少し深めのトーンの色合いをもってくると馴染みます。
 
色というよりも、その色合いのトーン、明るさで馴染んだ雰囲気になるか、アクセントになるかが決まってきます。
 
アクセントにするか、馴染ませた雰囲気にするか。お客様のお好みはどちらですか?
どちらも捨てがたい!というお客様も多いので、どちら!と決めずに見ていくのも良いかもしれません。
 
 
④ おすすめは絵のように、本当に気に入ったものを購入すること
 
ギャッベを選ぶ時のおすすめは絵のように、本当に気に入ったものを選ぶことです。
絵を購入する時、この色がいいかな?こんな柄がいいかな?とはっきりと決めて選ぶ方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
 
あぁなんか素敵・・・と感じて、じっくりと見てますます良いと感じて思い切って選ぶ。そんなスタンスでいると、良いギャッベと出会えるかもしれません。
 
 
まとめ
 
① 草木染めで優しい色合いのアートギャッベならいろいろな空間にマッチする
② はじめから色を絞り込みすぎると、これ!というギャッベと出会うのは難しい
③ アクセントにするか、空間に馴染む雰囲気にするか
④ おすすめは絵のように、本当に気に入ったものを購入すること
 

 

皆さまのギャッベ選びが楽しいものとなることを心から願っております♪

保存

保存

ギャッベから何を感じる? 大地と草原が生み出したアート

あくせくと一日が過ぎ去っていく現代社会

 

電車の通勤ラッシュは心のモードを一旦OFFにして
一日分のエネルギーをそこで消費したかのような疲労感。
今日もやりたいことができなかった。。
明日こそは・・・
そんな思い繰り返している人は少なくないかもしれません。
アートギャッベを発信している私たちの拠点は新潟。
窓からの景色はこんな感じです。
私たちがいつも選定に足を運ぶイランの風景。


テヘラン中心部はビルが立ち並ぶ都会ですが、
田舎へ車を走らせると、こんな景色が広がっています。
ギャッベは自然をお手本にしているじゅうたん。
大地の色、草原の色をその一枚に表現する。
あるお客様が話してくれました。
アートギャッベの上にいると、土のにおいがしてくるの。
風景を表現するようなギャッベの上で、
人はまるで大地に寝そべっている感覚になるのかもしれません。
人はどんなところに寝ころんだら、心も体もストレスフリーになれるでしょうか。
高級ベッド?
リクライニングチェア?
インテリアショップである我々が言うのもなんですが、
私が確信をもって感じるのは
草原の上!
子どものころやピクニックで寝ころんだ草原の開放感。
これ以上のストレスフリーはないのではないでしょうか。
あくせくとした毎日にひと時のくつろぎ。
大地に包まれるように。
草原の上で寝そべっているかのように。
アートギャッベで体いっぱい開放感を味わってみるのはいかがでしょうか。
保存

保存

保存

ギャッベはどうやって選べばいいの? 【大きさ リビング編】

ギャッベはどうやって選べばいいの?
【ギャッベの大きさ リビング編】

リビングにアートギャッベをご検討されているお客さまに必ずお話しすることがあります。
それは、じゅうたんはお店で見るよりも家に敷いた時の方が小さく感じる、ということです。

実際に、こちらの写真が、まずお客様がはじめにこの大きさが合いそうだね、といって

見始める大きさ、120×180㎝を敷いたときの写真です。


このくらいが合いそうかな?と思って選んだサイズはこの写真のように

かなりコンパクトで物足りなく感じることが多いのです。

実際にご自宅に敷いてみると意外と小さいですよ、とお話ししても

言葉だけでは信じて頂けていないかもしれません。それは無理もありません。

なぜなら、家具はお店で見るとよいかな、と思っても家に置いたら大きくて失敗した!

という経験をされている方が多いから。


特にソファやテーブルでそういった経験をされることがあるのではないでしょうか。
なぜこのような感覚になるのかというと、主に「高さ」が関係しています。

お店は通常、家よりも広く、そして天井も高い空間に家具がならんでいるため、実際の家に敷いた時の感覚はつかみづらいもの。
お店より低い天井の自宅に家具が届いた時は確実にお店で見た時よりも大きく見えて圧迫感を感じたりします。

その点、じゅうたんはどうでしょうか。


じゅうたんは高さが1、2cmほどしかないインテリアのため、家に置いても大きく感じることはありません。

それに加えてお店では立ってじゅうたんを見ていますが、家では直接座ったり、寝転んだりする。
実際に身を預けてみるともう少し大きい方が良かったなぁ、と小さく感じてしまうことが多くなるわけです。


ギャッベを選ぶときには必ず上にのって、座ったり寝転んだり、体感して選んでもらいたいという思いから
私たちはwebでの販売をせず、お店で直接アートギャッベをお選び頂いています。

それでは今回はギャッベの大きさを選ぶ上でのポイントをご紹介いたします。

その1. どうやって過ごすのかをイメージする

ギャッベを選んだら、どんなふうに過ごしたいですか?

家族と一緒にみんなでゴロゴロしたい。

ひとりの時間を満喫したい。

さまざまな思いがあることと思います。

ギャッベをどう使いたいか、
選んだギャッベの上でどんな風に過ごしたいかをイメージしてみてください。

たとえば、3人がけのソファの前に敷いて、家族4人でゆったりと使いたい。


そんな方にはこちらのお客さまのように、170✖️240以上のサイズがおすすめです。
小さめのテーブルを置いても寝転べるくらいのスペースがとれるのと、
横方向に寝転んでも170cmあるため、ゆったりと使える大きさとなっています。


こちらの150✖️200サイズだと意外と小さい、と感じられるかもしれません。
そんな時は思いきってテーブルを置かないか、サイドテーブルにして、ギャッベをまるごと楽しむのもよいでしょう。

その2. お部屋と家具とのバランスを考える

たとえばこちらのように


リビングダイニングで、150✖️200cmのギャッベを敷くと、意外と大きさが物足りなく感じてしまいます。
こちらのお宅は後にソファが届く予定なので、このサイズを選ばれました。

次はこちら。


空間に対して少し大きいかなというギャッベ。どうしてもそれが気に入って他はもう考えられない!

大きさはもう諦める!
そのくらいの出会いであればよいと思うのですが、お部屋とのバランスを考えると大きすぎるのは嫌だ、という方は
お店で図面をみながらスタッフの方に相談したり、今お使いのラグの大きさを把握し、お部屋全体の写真を撮って
お店にいくのもおすすめです。

8畳以上のリビングであれば、150×200(2畳弱)や下の写真の170×240(2畳半強)の
サイズはソファとテレビボードの間にバランスよくおさまるサイズです。


もっと大きなゆったりしたリビングであれば、下の写真のように200×250や200×300のサイズをおいてもバランスよく楽しめることも少なくありません。

その3. 完璧な大きさは求めず、合うサイズの中で、本当に気に入ったものを選ぶ

そもそもギャッベのサイズは日本の住まいに合うように作られているのではなく、織り機の大きさで決まっています。

主なサイズ
200×300、200×250、170×240、150×200、120×180、100×150、80×120、90×60など。

織り機の大きさが決まっている分、それと極端に違うサイズ、というのはほとんど織られることはないため、
上記のようなサイズを目安にして選んでいくことになります。
何と言っても手織りで手間がかかるため、このデザインでこのサイズがあれば、といって探していくとなかなか見つからないのがギャッベです。

大きさがぴったりのものは難しいため、大きさは初めから完璧は求めずにあくまで目安とすること
少し大きくても、少し小さくても、その中から一番気に入ったものを選ぶ。

ということがギャッベ選びにおいてはポイントとなってきます。

例えばご新築で家具もこれから、という場合にソファの前にテーブルは置くかどうか決めていない場合に
3人掛けソファの前にゆったりとバランスの良い170×240だけを候補にするのではなく、
テーブルを置かなければゴロンとできる150×200も候補にする。


170×240サイズを置いた場合。

 


150×200サイズを置いた場合。
このように、ひとつのサイズに絞るのではなく、選択肢を広げたほうがたくさんのギャッベから
本当に気に入った1枚を選ぶことができます。

ぜひお店でご覧になる際には

①どんなふうに過ごしたいか
②お部屋の大きさとのバランスはどうか
③ぴったりではなく、どのサイズまでがバランスの合うサイズか

このような目安で大きさを考えてみてください。

保存

保存

保存

保存

不便さや手間がかかることの先にあるもの

現代は便利で快適な世の中です。

 

 

 

お店に入ればエアコンで快適な温度。

離れていても、フェイスタイムでいつだってつながれる。

欲しいものはお店に足を運ばずともボタンひとつで購入できます。

 

それを否定するつもりは全くありません。

このことによって、私たちの世界はどんどんと広がっています。

 

 

でも、少し立ち止まって見返してみるとどうでしょうか。

 

私が以前アートギャッベ展でお邪魔したお店は

建物の構造上エアコンの効きが悪いスペースがあり、

そこはしびれるほどの暑さでお世辞にも快適とは言えません(笑

 

でもお客様を見ていると、「うわぁこっちの場所すっごい暑い~」と言いながらも

少し楽しそうだったりします。

スタッフさんたちもそれをネタにしながらお客さまと気持ちの良いコミュニケーションをとっていたり。

 

 

フェイスタイムでよく話しをしている人とでも

やっぱり会って話そうよ!と言って

大事なことは会って話をして、心がすっきりしたり。

そんな経験があります。

 

 

以前、アートギャッベを購入してくださったこちらのお客様はこんな話をしてくれました。

 


 

「お店の人や作り手の人がどんな思いでそれを紹介しているか。

そんな思いを聞きながら買い物をする、ということが好きなんです。

そうやって購入したものを大切に使っていきたい。」

 

 

これは決してボタンひとつでは味わえない豊かさではないでしょうか。

 

 

私たちはアートギャッベを通して、便利さや快適さではなく、

「不便な中にある楽しさや、手間がかかるけれど心が豊かになること」

そんなことをお客様と一緒に話ができればと思っています。

保存

保存

ギャッベはどうやって選べばいいの? 【デザイン編1】

ギャッベを使いたい!!

だけど一点ものだし、どうやって選んでいいかわからない。

そんなお客様からの声を多くお聞きします。

長く使うものだし、絶対に失敗したくない。

だけど多くの方にとって、リビングにギャッベを購入するのは初めて、という場合が多いのが現実。

迷ったり、選び方がわからない、というのは当然のことと思います。

そこでギャッベの見どころやポイントをブログでご紹介していきたいと思います。

ぜひギャッベ選びの参考にしていただけると幸いです。

 

 

その1.手織りならではの背景の美しさ

 

いきなり、背景?と不思議に思われるかもしれませんが、

手織りの醍醐味とも言える魅力。

それが独特の背景の美しさです。



特に3枚目の写真がわかりやすいかもしれませんが

グレーの糸で織りこまれているところでも、織り手の女性が一本一本糸をかえながら

織りこんでいっているため、均一ではない独特のグラデーションや色のゆらぎがみえてきます。

これが、実際に使っていると光の加減で違う表情をみせてくれてとても美しいのです。


 

その2.まっすぐではない、線のゆらぎ

 


手作りのものを使うことの良さ。

それは、きっちりとしていない、その表情を楽しむことにあるのではないでしょうか。

あぁ、人の手でつくられているなぁ。

これはギャッベを織り始めたばかりの女性が、頑張って織ったのかなぁ。

線のゆらぎの向こうに、人の織っている姿が透けて見える。

そんな表情も大きな魅力のひとつです。

 

その3.シンプルな中にもさりげない個性

 


冒険したいけど、やっぱりシンプルな方が長く使えるかしら・・・

いや、ギャッベだったら思いっきり柄を楽しみたい!

そんないろいろな思いが葛藤すると思います。

そんな方には、シンプルな中にもさりげない遊び心や可愛さがあるものがおすすめ!

色合いの美しさと、ギャッベならではの遊び心。

その両方を楽しむことができます。


こういったところをポイントにしていただくと、

良いアクセントになりながら、独特の存在感と美しさを

ギャッベを敷くことによって楽しむことができます。

 

引き続き、ギャッベの選び方シリーズをブログで連載していきますので

ぜひお楽しみに♪

保存

保存

体いっぱいに感じて欲しい 手織りじゅうたん アートギャッベ

皆さま手織りじゅうたんの織り方をご存知でしょうか?


 

こちらはゴッホの絵画。

手織りというと、こういった機織りをイメージする方も多いかもしれません。

 

しかしギャッベのような手織りじゅうたんで使う織り機はこちら。

 


 

とてもシンプルで原始的な織り方です。

この織り機にぴんと張った経糸に、横糸を絡めては切って絡めては切ってと結んでいきます。

 


 

このように、片手にナイフを持ちながら、経糸に絡めて切っていくのです。

柄があってもなくても、一本横糸を絡めたら切っていきます。

それはとても気の遠くなるような手仕事です。


 


 

一本一本の緯糸は、縛らずに絡めている状態なので、それだけでは強く引っ張ると抜けてしまいます。

そこで、一列すべての経糸に絡め終わると、締め糸という横糸を入れて

上の写真の道具でたたいて押さえつけていきます。

 

それによって、糸が抜けずに丈夫な弾力となるのです。

 

そんな風にして手間をかけて織られたギャッベたち。

私たちはイランで年に3回選定をする際に、一枚一枚現地のスタッフさんたちにめくってもらいながら

丁寧に表情と織りの状態を確認させて頂いています。

 


 

それはこういった大きいギャッベだけでなく、小さいサイズも同じです。

 



必ず全体の表情と織りの状態、肌触りなどを確かめながら選んでいるので

一枚一枚を選ぶのにもじかんをかけます。

 

だからこそ、皆さまには、ギャッベ全体の表情をあますところなく見てもらい

しっかりと体感して頂きながら選んで頂きたい、と強く思っています。

 


 

こちらはアートギャッベ展の様子。

一枚一枚、半分ずつめくりながら見ていく。

これがアートギャッベ展の醍醐味、のような楽しみ方で、

次はどんなアートギャッベが見れるかな?とわくわくする感じがたまりません。

はじめから全部をみれないところが大切で、重ねてあるので

めくらないと見れない、このワクワク感がたまらないのです。

 

でも、やはりなんといってもアートギャッベ1枚をあますところなく体感していただいてこそ

その魅力を感じることができます。

 


 

気になったアートギャッベがあれば遠慮なく、全体の表情を確かめながら

ぜひこんな感じで寝ころんで体感してみてくださいね。

 

 

保存

保存

保存

保存

お客様が話してくださる言葉たち

ギャッベをご紹介して16年以上の月日が経ちました。

 


 

これまで全国で、500回以上の展示会を行い、本当にたくさんのお客様に

お越し頂いていること、とてもありがたく感じております。

 

展示会には毎回お越しになられるお客様も多くいらっしゃいます。

その中でもお客様がお店で話してくださる言葉の中で、特に多い3つをご紹介いたします。

 

まずはこちら、

 

◎ すごく癒されます


 

これはイベントに来られるほとんどの方が感じているところではないでしょうか。

目の保養、という言葉を使うお客様も多くいらっしゃいます。

「せっかくの休日だから、心も体も休めたい。」

 


 

そんな正直な気持ちが、アートギャッベ展に行こう!と

お客様の足を運ばせるのかもしれません。

 

続いてはこちら。

 

◎ 明日から仕事頑張れます

こちらも本当に多くの方がおっしゃってくださいます。

 


 

お求めになられた方もそうでない方も、アートギャッベ展に特別な気持ちを感じて

楽しんでくださっているからこそ、この言葉を言ってくださるのかなと思います。

一本一本手織りで折り込まれたじゅうたんには、手仕事ならではのパワーがあります。

 


 

そこから英気を養って、これからの暮らしの源にする。

そんな風にアートギャッベ展を楽しんで頂けたら幸いです。

 

 

最後はこちら。

 

◎ 織った人にお礼を伝えておいてください

 

こちらはお求めくださったお客様から多く頂く言葉です。

 


 

気に入って、これから長く共に過ごすことになる敷物。

そんな一枚と出会えたことに感謝して、それを織ってくださった

織り手の方に気持ちを伝えたい。そんな素直な感謝の気持ちが

とてもあらわれた良い言葉だなぁといつも感じています。

 

皆さまはアートギャッベ展にお越し頂いてどんな気持ちになるでしょうか。

 

5月も全国でアートギャッベ展を開催いたします。

こちらのイベント情報でチェックしてみてください♪

 

全国のギャッベ展開催情報

アート ギャッベのユーザー様のお宅にお邪魔してきました。

東京にお住いのS様は、私たちがアートギャッベをご紹介し始めて直ぐからお使いいただいています。

最初のアートギャッベは、15年以上前の蒼いアートギャッベ
お使いのソファの青に合わせて使い始めたそうです。



色合いの鮮やかさや今まで体感したことのないフカフカの肌ざわりがお気に入りだそうで
新潟のお店に来られた際や関東でのボー・デコールの店外イベントに時折遊びに来られて
気に入ったアートギャッベを少しずつ揃えられています。


 

玄関に入ってまずお出迎えしてくれるのは


茜色と染めていない原毛でデザインされたモダンなアートギャッベ
沢山のギャッベを観てきたけど、あまり無いデザインでとってもお気に入りの一枚だそうです。

 

朝の身支度やお風呂上りには、今までベランダの入り口に敷いてた青い淵のパッチワーク。


今までと違って一日に何度も踏みしめる機会が出来て、改めて心地よさを実感されているそうです。
インディゴの色合いも窓際で使っていたため、少しずつ淡い、優しい色合いに育っていったそうです。

リビングスペースを抜けていくと和室には、今回仲間入りした原毛のアートギャッベが


畳や箪笥などの「和」の空間に溶け込んでいます。もう少し模様替えをして、この和室に掛け軸も掛けられるそうです。その際には改めてお写真を撮らせていただきたいですね。

 

そして、今までこちらの和室に敷かれていたアートギャッベは隣のお部屋に


サイズ感も色合いもこれまたピッタリです。

和室に敷いていたときは、重厚感のある深い茜色が落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
建具や床が深い色合いだと 淡い茜色が鮮やかで、華やかな印象ですね。

 

他にも、和室の奥に見えていた玄関マットサイズ(約60㎝×90㎝位)のアートギャッベや
椅子に丁度良い、お座布団サイズと色々なところで楽しんでいらっしゃいました。



近くで開催の際は、また遊びにいらして下さいませ。

 

 

アートギャッベ®では、フェイスブックやインスタグラムでも色々な情報を発信しています。
是非ご覧になってくださいませ。

フェイスブック:https://www.facebook.com/Artgabbeh/
インスタグラム:https://www.instagram.com/artgabbeh/

 

アートギャッベミニ(座布団サイズ)や玄関サイズの楽しみ方

アートギャッベ公式ホームページに「使い方ランキング」のページがあること皆さん知っていますか?

椅子の座面にピッタリな座布団サイズからリビングでゆったりくつろげるラグサイズまで様々な大きさがありますが、今回は小さ目な座布団サイズと玄関マットサイズのお勧めの使い方をご紹介いたします!

まだ使い方ランキングをご覧になっていない方はコチラをご覧ください。

おすすめ使い方ランキング



今回ご紹介するのは、何度かブログやfacebookなどでも登場しますので、実際に使っている方も多いかと思いますが車の座面での使い方です。

35㎝角位から45㎝角位まである座布団サイズ「アートギャッベ ミニ」

今まで多かった35㎝角くらいの大きさはコチラ


 

大きめサイズの45センチ角だとこんな感じです。



アートギャッベは、特にこれからの梅雨の時期や夏に向けて力を発揮してくれます。これから暑くなってくると車の座面に触れているお尻やモモの裏は汗ばんでくることが多くなります。少し大きめの座布団サイズの場合お尻だけではなくひざ裏もカバーしてくれるのですごく快適です。




稀にアートギャッベ展にご来場いただくお客様から「家で使っているギャッベとは、肌ざわりが違う?何がちがうの?」と ご質問を頂くことがありますが、ギャッベの本場イランでもウール刈り込む時期や場所など様々なランクがあります。当然お値段も違ってきますが、一年中快適に使えて、受継いで使える上質なギャッベを工房のギャッベの中からさらに厳選しているアートギャッベだからこそサラッと心地よく使っていただけます。

一般的なギャッベとの違いについては、「アートギャッベと呼ばれる7つの理由」や改めてブログでもご紹介いたします。
アートギャッベと呼ばれる7つの理由はコチラ

アートギャッベと呼ばれる7つの理由



 

心地よいアートギャッベだからこそ実際にこんな使い方をしているお客様もいますよ。

アートギャッベ ミニサイズの2枚使い!



そして極めつけは、60×90㎝ほどの玄関マットでよく使っていただくサイズの新たな使い方


こちらの使い方はお客様から教えていただきました。車に乗ることが多いので気に入ったアートギャッベを長く楽しむには、車のシートで使うのが一番ベストと楽しそうにおっしゃっていました。

 

アートギャッベをご覧になったことがある方も、まだ観たことがない方も、全国で開催中のアートギャッベ展で観て体感して下さいませ。

全国のアートギャッベ展情報はコチラから

全国のギャッベ展開催情報



アートギャッベ取扱店はコチラから

全国のアートギャッベショップ

お子さまにとってのじゅうたんは世界そのもの

以前、アートギャッベをお選び頂いたお客様から伺ったお話があります。


「子供にこのじゅうたんを使ってもらって

大きくなってもずっと使う。

ひとり立ちして、家を離れて、

たまに実家に帰ってきたら、まだその絨毯が家にある。


その体験を通してひとつのものを長く使ったり

良いものは大切に使うことによって長持ちして

愛着も湧いてくる、ということを体感してもらう場にしたいんです」



1%ef%bc%98%e3%80%8e%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%80%8f%e8%a7%92%e4%ba%95





お客様は実際にご自分がその経験をされていたようで、

小さいころから手織りの絨毯が家にあって

今でもそれが実家にあるそう。

それが体験として残っているから、同じことを

子供にも伝えてあげたい、と話してくださいました。




今の時代、こういうものって少ないので、本当に大切なことだと思います。



以前にこんなこともありました。

アートギャッベをお選び頂いて、いざお客様のお宅へお届けを、というとき。

以前から使っていたラグを引取りする、ということになっていました。

するとお子様が、「いやだー!!!」と泣いてしまって。



今までずっとあそび場だったラグがなくなってしまう、ということが

とても大きなことだったようで、その時はひとまずラグの引取りはしないことにしました。


お子さまにとっては小さい頃は特に一番のあそび場がじゅうたんであり、

じゅうたんがお子様にとって世界そのもの、だと言っても過言ではないかもしれません。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




そのじゅうたんが、成長してもずっとそばにあって、
ひとり立ちして家を出た後もずっと家にある。

それってとっても大きなことだと思います。

子供のころは特別何も意識しないかもしれません。
当たり前のようにそこにある、それがいいのだと思います。

でもその当たり前のものが

自然の素材で
草木で染めた色合いで
手仕事の長く使えるものであること。

それはのちのちのそのお子様の価値観に大きな影響を与えるものだと思います。

19%e9%87%91%e4%ba%95%e6%a7%98%e3%80%8c%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e3%80%8d%ef%bc%88%e5%b1%b1%e6%9c%ac%ef%bc%89
お子さまにとってのじゅうたんは世界そのもの。
だからこそ、その世界を長く使える、良い影響を感じられるものに。

そう思うのです。


チルチンびと89号に、アートギャッベが掲載されました。

「じゅうたんを選ぶのも家族との大切な時間」

毎日を共に過ごすじゅうたん「アートギャッベ」みんなで選ぶ時間も大切な時間としてご紹介されています。
是非、書籍を読んで、取り扱い店にて本物のアートギャッベを体感ください。

image

haru_mi 秋号 vol.41に掲載されました。

「じゅうたんを選ぶのも家族との大切な時間」

毎日を共に過ごすじゅうたん「アートギャッベ」みんなで選ぶ時間も大切な時間としてご紹介されています。
是非、書籍を読んで、取り扱い店にて本物のアートギャッベを体感ください。
(画像をクリックするとPDFが開きます)

160901harumi

絵画のように楽しむ アート ギャッベ

自然素材の心地よさを楽しむアートギャベ

豊かな表情を魅せる色合いも、空間を華やかに彩ってくれます。

納品写真2011-201201 166

 

納品写真2011-201201 242

床に敷いて楽しむことはもちろんですが、お使いいただいているお客様の中には

Exif_JPEG_PICTURE

このように絵画として楽しんでいる方もいます。

 

現在開催中のアートギャッベ展では、会場に絵画のようにも展示しています。

DSC02472

もちろん、ゴロゴロと寝転んだりしながら体感できるスペースもございます♪

DSC02527

 

是非、アートギャッベの取扱店やイベント会場にて楽しんで下さい!

アートギャッベ展in相模原
9月4日まで期間限定開始中!

アートギャッベFBはコチラ
https://www.facebook.com/Artgabbeh

アートギャッベ展in千葉
 http://www.interior-classica.com

アートギャッベ展in相模原
http://www.bd-n.net/160723/

熊本地震 東日本大震災 支援更新

インテリアショップ ボー・デコールでも、被災地の一日も早い回復と安らぎを願い、
平成23年3月13日(日)より店内の売上の一部を、被災者及び被災地の方々に支援させていただいております。
また、同3月12日(土)より店内の一部照明をお客様が店内にいない時に消灯し、節約した電気料金(昨年度の差額)も
支援にあてさせていただいております。
いつもより照明は落しておりますが気持ちはいつも以上に元気一杯に灯りをともし、お客様をお迎えしております。
スタッフ一人一人できることを考え、一時の想いではなく1日でも長く想いをお届けしたいと思っております。
そして、皆さまお一人ひとりの想いをインテリアショップ ボー・デコールが責任を持って被災地の方々にお届け致します。

BDコーポレーション 株式会社
株式会社 G&G
スタッフ一同
 

平成28年6/27日本赤十字社に79,595円の熊本地震への義援金

5/26熊本城災害復旧支援金に1,000,000円の支援金

グループ会社COBLIN(株)より日本赤十字社に

1,000,000円の熊本地震への義援金

グループ関連会社スタッフより日本赤十字社に

58,800円の熊本地震への義援金

4/26日本赤十字社に113,406円の熊本地震への義援金

2/26日本赤十字社に54,602円の義援金

2/12日本赤十字社に34,302円の義援金

平成27年12/25日本赤十字社に48,053円の義援金

11/26日本赤十字社に211,060円の義援金

8/27 日本赤十字社に66,650円の義援金

6/26日本赤十字社に60,707円の義援金

4/28日本赤十字社 に199,004円の義援金

2/27日本赤十字社に153,949円の義援金

平成26年12/29日本赤十字社に78,194円の義援金

11/27日本赤十字社に266,79256円の義援金

8/25日本赤十字社に113,056円の義援金

6/26日本赤十字社に83,975円の義援金

4/25日本赤十字社に331,253円の義援金

2/25日本赤十字社に183,969円の義援金

1/27日本赤十字社に74,870円の義援金

平成25年12/26日本赤十字社に182,958円の義援金

11/28日本赤十字社に321,232円の義援金

8/27日本赤十字社に88,203円の義援金

7/26日本赤十字社に474,608円の義援金

7/26日本赤十字社に11,957円の義援金(店内募金平成24年1月24日~平成25年7月25日分)

6/24日本赤十字社に472,136円の義援金

5/27日本赤十字社に630,000円の義援金

4/30日本赤十字社に12,277,068円の義援金

3/16日本赤十字社に263,424円の義援金

2/26日本赤十字社に504,583円の義援金

1/31日本赤十字社に420,000円の義援金

平成24年12/25日本赤十字社に934,483円の義援金

11/30日本赤十字社に2,370,472円の義援金

10/29日本赤十字社に803,788円の義援金

9/25日本赤十字社に380,000円の義援金

8/26日本赤十字社に396,036円の義援金

7/26日本赤十字社に368,130円の義援金

6/25日本赤十字社に488,836円の義援金

5/28日本赤十字社に933,451円の義援金

5/22日本赤十字社に1,258,547円の義援金

3/30日本赤十字社に35万円の義援金

2/27日本赤十字社に75万円の義援金

1/25日本赤十字社に33,713円の義援金(店内募金平成23年7月24日~平成24年1月23日分)

1/25日本赤十字社に917,064円の義援金

平成23年12/20日本赤十字社に103万円の義援金

11/21日本赤十字社に121,618円の義援金

11/21日本赤十字社に95万円の義援金

10/25日本赤十字社に341,516円の義援金

10/25日本赤十字社に89万円の義援金

9/20日本赤十字社に41,674円の義援金

9/20日本赤十字社に38万円の義援金

8/19日本赤十字社に71,481円の義援金

8/19日本赤十字社に41万円の義援金

7/25日本赤十字社に33,713円の義援金(店内募金4月13日~7月23日分)

7/25日本赤十字社に40万円の義援金

6/20日本赤十字社に49,211円の義援金

6/20日本赤十字社に40万円の義援金

5/24アートギャッベ展をバックアップして頂いている3社から

ゾランヴァリ社イランレザー・ゾランヴァリ氏

シルクロード絨毯ミュージアム館長大熊克己氏

㈱G&G

日本赤十字社に300万円の義援金

平成23年5/17日本赤十字社に40万円の義援金

日本赤十字社に562,986円の義援金

5/6日本赤十字社に163,816円の義援金

5/6日本赤十字社に83万円の義援金

4/18日本赤十字社に12万円の義援金

4/12日本赤十字社に40,003円の義援金(店内募金分3月12日~4月12日分)

4/12日本赤十字社に32万円の義援金

4/12日本赤十字社に97,461円の義援金

4/4日本赤十字社に69万円の義援金

3/18日本赤十字社に300万円の義援金

平成23年3/13水戸に物資支援

また、当社が全国各地の提携店と開催させていただいている「アートギャッベ展」の売上の一部も
被災者及び被災地の方々に支援させていただいております

 

 

平成28年6/27アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に145,152円の熊本地震への義援金

4/26アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に395,688円の熊本地震への義援金

2/26 アートギャッべ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に109,269円の義援金

平成27年12/28アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に58,838円の義援金

11/24アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に93,798円の義援金

10/14アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に414,780円の義援金

10/14アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字に207,846円の義援金

8/27 アートギャッべ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に132,483円の義援金

6/26アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に113,626円の義援金

4/28アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に406,179円の義援金

3/17アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字社に183,793円の義援金

2/6 アートギャッべ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に349,045円の義援金

平成26年11/27 アートギャッべ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に142,495円の義援金

10/28 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に393,915円の義援金

10/16 アートギャッベ展富山会場【シュクレ富山店】様から日本赤十字社に120,860円の義援金

10/16 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に59,454円の義援金

8/5 アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に257,158円の義援金

6/9 アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に86,967円の義援金

6/9 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に72,900円の義援金

4/7 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字に416,621円の義援金

4/7 アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字に304,419円の義援金

4/7 アートギャッベ展飯田会場【永井家具店】様から日本赤十字社に36,070円の義援金

2/4 アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に270,867円の義援金

1/27 アートギャッベ展和田山会場【和田山竹田家具】様から日本赤十字社に121,741円の義援金

平成25年12/10 アートギャッベ展尾道会場【橋本家具工芸】様から日本赤十字社に121,310円の義援金

11/26 アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に125,956円の義援金

11/26 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に154,518円の義援金

11/26 アートギャッベ展飯田会場【永井家具店】様から日本赤十字社に92,109円の義援金

10/17 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に346,060円の義援金

10/17 アートギャッベ展富山会場【シュクレ富山店】様から日本赤十字社に92,754円の義援金

10/1 アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字に396,774円の義援金

8/6 アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に197,454円の義援金

7/2 アートギャッベ展和田山会場【和田山竹田家具】様から日本赤十字社に55,700円の義援金

6/3 アートギャッベ展尾道会場【橋本家具工芸】様から日本赤十字社に109,665円の義援金

6/3 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に93,619円の義援金

4/8 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に334,140円の義援金

4/8 アートギャッベ展飯田会場【永井家具店】様から日本赤十字社に51,750円の義援金

4/8 アートギャッベ展名古屋会場【マクデン】様から日本赤十字社に224,214円の義援金

3/25 アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字に301,928円の義援金

2/4 アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に230,385円の義援金

1/21 アートギャッベ展和田山会場【和田山竹田家具】様から日本赤十字社に131,025円の義援金

平成24年12/10 アートギャッベ展尾道会場【橋本家具工芸】様から日本赤十字社に208,695円の義援金

12/10 アートギャッベ展小金井会場【土井家具センター】様から日本赤十字社に186,260円の義援金

11/26 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に105,457円の義援金

11/12 アートギャッベ展広島会場【井口家具】様から日本赤十字社に134,745円の義援金

11/12 アートギャッベ展名古屋中区会場【マクデン】様から日本赤十字社に289,800円の義援金

10/29 アートギャッベ展大津会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字社に121,000円の義援金

10/29 アートギャッベ展富山会場【シュクレ富山店】様から日本赤十字社に145,905円の義援金

10/15 アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字社に205,184円の義援金

10/15 アートギャッベ展宇治会場【家具のサワキ】様から日本赤十字社に157,875円の義援金

10/15 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に391,259円の義援金

10/1 アートギャッベ展田辺会場【りんぼう】様から日本赤十字社に62,520円の義援金

9/17 アートギャッベ展姫路会場【むつみ家具アボックス】様から日本赤十字社に79,065円の義援金

7/23 アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に174,012円の義援金

7/2 アートギャッベ展和田山会場【和田山竹田家具】様から日本赤十字社に67,320円の義援金

6/4 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に133,897円の義援金

6/4 アートギャッベ展尾道会場【橋本家具工芸】様から日本赤十字社に202,467円の義援金

6/4 アートギャッベ展小金井会場【土井家具センター】様から日本赤十字社に222,582円の義援金

5/21 アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に141,705円の義援金

5/7 アートギャッベ展宇治会場【家具のサワキ】様から日本赤十字社に164,670円の義援金

4/16 アートギャッベ展飯田会場【永井家具】様から日本赤十字社に64,320円の義援金

4/9 アートギャッベ展品川会場【ルームアート松井】様から日本赤十字社に344,051円の義援金

4/9 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に381,300円の義援金

4/2 アートギャッベ展高知会場【カーサ・シモダ】様から日本赤十字社に96,099円の義援金

3/26 アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字社に340,178円の義援金

3/26 アートギャッベ展出雲会場【工芸おかや】様から日本赤十字社に49,700円の義援金

3/12 アートギャッベ展姫路会場【むつみ家具アボックス】様から日本赤十字社に121,515円の義援金

1/30 アートギャッベ展大阪・北区会場【シンプルハウス】様から日本赤十字社に177,225円の義援金

1/30 アートギャッベ展世田谷会場【丸彦家具センター】様から日本赤十字社に201,177円の義援金

1/16 アートギャッベ展和田山会場【竹田家具】様から日本赤十字社に177,675円の義援金

1/16 アートギャッベ展北名古屋会場【ヤマトヤ・ワイズカーサ】様から日本赤十字社に273,792円の義援金

平成23年12/26 アートギャッベ展京都会場【カネカ家具】様から日本赤十字社に145,320円の義援金

12/26 アートギャッベ展岡崎会場【アイズコレクション】様から日本赤十字社に66,885円の義援金

12/12 アートギャッベ展尾道会場【橋本家具工芸】様から日本赤十字社に169,342円の義援金

12/12 アートギャッベ展小金井会場【土井家具センター】様から日本赤十字社に140,627円の義援金

11/28 アートギャッベ展徳島会場【リビンフォート】様から日本赤十字社に126,465円の義援金

11/28 アートギャッベ展京丹後会場【ARIA】様から日本赤十字社に193,580円の義援金

11/14 アートギャッベ展品川会場【ルームアート松井】様から日本赤十字社に228,453円の義援金

11/14 アートギャッベ展名古屋会場【マクデン】様から日本赤十字社に263,642円の義援金

11/14 アートギャッベ展飯田会場【永井家具】様から日本赤十字社に102,592円の義援金

11/14 アートギャッベ展奈良会場【JPフォルム】様から日本赤十字社に150,735円の義援金

11/14 アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に119,741円の義援金

10/31 アートギャッベ展富山会場【シュクレ富山】様から日本赤十字社に143,617円の義援金

10/17 アートギャッベ展伊勢原会場【宮田家具】様から日本赤十字社に90,870円の義援金

10/3 アートギャッベ展大垣会場【平塚家具】様から日本赤十字社に175,330円の義援金

10/3 アートギャッベ展近江八幡会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字社に¥235,730円の義援金

9/20 アートギャッベ展周南会場【インテリア飛騨】様から日本赤十字社に94,632円の義援金

9/20 アートギャッベ展青森会場【ユースタイル】様から日本赤十字社に85,302円の義援金

9/20 アートギャッベ展宇治会場【家具のサワキ】様から日本赤十字社に80,040円の義援金

9/5 アートギャッベ展姫路会場【むつみ家具】様から日本赤十字社に72,735円の義援金

7/25 アートギャッベ展佐賀会場【レグナアルターム】様から日本赤十字社に121,006円の義援金

7/4 アートギャッベ展田辺会場【りんぼう】様から日本赤十字社に116,920円の義援金

7/4 アートギャッベ展世田谷会場【丸彦家具】様から日本赤十字社に93,442円の義援金

7/4 アートギャッベ展和田山会場【竹田家具】様から日本赤十字社に122,667円の義援金

6/21 アートギャッベ展京都会場【カネカ家具】様から日本赤十字社に144,915円の義援金

6/21 アートギャッベ展北名古屋会場【ヤマトヤ・ワイズカーサ】様から日本赤十字社に300,021円の義援金

6/7 アートギャッベ展岡崎会場【アイズコレクション】様から日本赤十字社に97,792円の義援金

6/7 アートギャッベ展酒田会場【アカネヤ】様から日本赤十字社に123,314円の義援金

6/7 アートギャッベ展尾道会場【橋本家具工芸】様から日本赤十字社に198,367円の義援金

6/5 アートギャッベ展和歌山会場【本家貴志タンス】様から日本赤十字社に124,212円の義援金

5/24 アートギャッベ展大分会場【いとしや】様から日本赤十字社に171,407円の義援金

5/24 アートギャッベ展徳島会場【リビンフォート】様から日本赤十字社に141,051円の義援金

5/24 アートギャッベ展香川会場【ミゾブチ家具】様から日本赤十字社に208,335円の義援金

5/10 アートギャッベ展宇治会場【家具のサワキ】様から日本赤十字社に153,270円の義援金

5/9 アートギャッベ展品川会場【ルームアート松井】様から日本赤十字社に179,340円の義援金

5/2 アートギャッベ展飯田会場【永井家具店】様から日本赤十字社に139,710円の義援金

4/12 アートギャッベ展名古屋会場【マクデン】様から日本赤十字社に203,561円の義援金

4/7 アートギャッベ展滋賀会場【ピュアスタイル】様から日本赤十字社に296,380円の義援金

使い込むことで生まれること

豊かな色合いと様々な文様が人気のギャッベですが
CIMG1445
 

CIMG1442
 

ギャッベの楽しみ方の一つ「風合いを楽しむ」方も最近多くいらっしゃいます。

CIMG1436
丁寧にじっくりと染めているので、色が抜けるように褪せてしまう心配はありませんが
無垢の家具や床と同じようにギャッベの草木染めの色合いの変化は
長く使っていけるからこそ感じていただけるかもしれません!

CIMG1439
CIMG1440
実際に毛を起こしてみると!写真では少しわかりづらいかもしれませんが・・・
中の色合いは表面よりも少し深い色合いです。

全国のアートギャッベ展でも10枚ほどご覧いただける「オールド ギャッベ」は
実際にイランで3、40年ほど使われていたギャッベです。

特徴の一つに、やわらかな肌ざわり♪があります。
固く結ばれた一本一本の羊毛の毛先が綻ぶことで、肌に触れる感触は本当に柔らかいです。

以前、家族と共に「育っていく じゅうたん」とお客様から言われましたが納得ですね。

 

そして、風合いを楽しみながら、お手入れしながら
どんな時もそばにいてくれるギャッベは、どんどん愛着が生まれます!

お気に入りのモノ(ギャッベ)が、身近にあると
いつも笑顔が生まれます!

心地よさから、自然とみんなが集まるギャッベは、
家族団らんの時間が生まれます!

 

現在開催中の アート ギャッベ展でお気に入りの1枚を探してみて下さいませ!

6月19日まで開催中のギャッベ展はこちら⇓

アートギャッベ展 in 富山 福光
石埼家具福光本店
特設HP:http://www.ishisakikagufukumitsu.com/gabbhe.html
facebook:https://www.facebook.com/Ishisakikagudesu


アートギャッベ展 in 徳島
リビン・フォート
HP:http://www.livin-fort.com/
ブログ:http://ameblo.jp/livinfortblog/

アートギャッベ展 in 長岡
コパスプラザ1F特設会場
HP:http://www.lohasdesk.com/special/special37/
facebook:https://www.facebook.com/pages/lohasdesk

 

 

リビング

みんなが集まるリビングスペースを彩るアートギャッベ

デザインや色合い、敷いているサイズも様々ですがお気に入りの1枚をお部屋に取り入れることで、毎日の暮らしがとっても幸せな気持ちになりますね!

 

濃いめの床

 

2013.11.23 中央区 大橋様 笹 (3)
 

2013.8.20 中村様8 湊

 

2014.02.09 西区 佐藤様 (小) (3)
 

 

明るめの床

 

2013.10.20 燕市 菊池様 中
 

中間色

2013.11.3長岡市土田様
 

ダイニング

ダイニングテーブルの足元&キッチンマット

食卓に華やかな彩りを楽しまれている様子をご紹介いたします!

gabbeh1 (136)
 

 

gabbeh1 (181)

豊富な脂分を含む羊毛は汚れにくいため、ダイニングテーブルやチェアの下、

キッチンなどの水回りでもお使いいただいています。

IMG_8314

o0685102411446060854
 

003-(2)

長い時間立ち仕事をするキッチンに「フカフカ」のアートギャッベを敷くことで

疲れにくかったり、お料理を作る時間もいつにも増して楽しくなりますね!

実用面でも、モノを落とした時の床の保護や細かなホコリ等を空気中に舞わないように

押さえつけてくれることでお食事スペースに最適ですね。

ダイニング
 

DSC01011
 

10000319

玄関

お家に帰ってきた時に迎えてくれる

大好きな1枚の「ギャッベ

何気ない一枚のじゅうたんが彩りと元気を与えてくれます。

 

IMG_0760-1-thumb-600x400-4490
 

DSC08330
 

DSC00513
 

6
 

9-3
 

3
 

gabbeh1 (98)
 

2013.4.21 阿賀野市 信田様 山
 

2013.11.23 東区 鈴木様 渡 (3)
 

2013.10.20 燕市 菊池様 中 (10)
 

DSC_1684
 

 

和室

和の空間

天然素材で主に草木で染められるギャッベの

風合いは和室にもピッタリです!

茜色のギャッベ

DSC01561
 

gabbeh (77)
 

インディゴ(藍)のギャッベ

1435627233704
P1020660
 

みどりの草原色のギャッベには、

子孫繁栄を願うザクロが織り込まれています。

2016.01.18 窪澤様 中
 

クルミ色の細長いギャッベは、

一枚板のテーブルサイドでお座布団代わりに

gabbeh (55)
こちらは・・・なんと床の間にギャッベを活用しています♪

gabbeh (56)
 

 オールドギャッベ

玄関の土間と奥のお部屋に現地イランで大切に使われていた3、40年モノのギャッベ

IMG_8325
使い込まれた風合いが、日本人の感性に響きます。

 

 

 

 

寝室・書斎

ベットサイドや寝室などの自分の空間に

大好きな自分専用のギャッベ

お休み前にストレッチをしたり、読書や音楽を聴きながら

ついついギャッベの上でウトウトとするのも気持ちいいですね♪

 

DSC_5001
 

DSC01017
 

IMG_1384
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

2014.5.3 都築区 生永様(3)
 

石崎家具様2015.06.30
 

やわらかな肌ざわりと優しい色合い♪

こんにちは!

今日の夜からいよいよ過去10年で最大級のスーパーマーズ
普段の3~5倍の大きさの火星が観られるそうです!
とても楽しみですが、お天気が夜までもつか(^_^;)

先日、自然の草木で染められた色鮮やかなギャッベを少しご紹介いたしましたが、
今回はアースカラーが落ち着いた印象のギャッベです。

CIMG1391
暮らしの中に鮮やかな色を取り入れることで元気をもらったりしますが、
染めていない羊毛そのままの色合いも、不思議な魅力があります。
それは何十年も褪せることのない、奥深いものなのです。

CIMG1392
織り込まれている山々や大地の色で使われている
茶色や白や黒は、染めていない羊毛を使っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(手前にいるのはヤギです(^_^;))

こんな風に生活している羊たちなんです!
初めてご覧になる方は必ずアッと驚かれますが、日本の羊とは違う、サラサラのストレートな毛が特徴の羊たちです。

本日のタイトルの「やわらかな肌ざわり」は実はこの羊毛に含まれる脂分に秘密があるんですよ。
リップクリームやハンドクリームに使われるほどに上質な脂分を含んでいるので、
ずっと触っているとしっとりとした感覚になります。

これはアートギャッベ独特のさわり心地で、とても気持ちよくついつい頬ずりをしたくなってしまいます。

 

続いてはこちらの一枚。

CIMG1395

総柄で全体的に色味も落ち着いてモダンな印象の一枚です。

生命の木やシカ、女の子などそれぞれに意味を持った図柄が織り込まれていて

織子さんの家族への愛情が感じられます。

CIMG1394
ついつい疲れているときなど、見ているとホッとするような温かみの溢れるアートギャッベです♪

全国のアートギャッベショップで、心地よさを体感してみて下さいませ。
みなさまのご来店お待ちしております!

 

アートギャッベ、お勧めの使い方

昨日、本日と雨のところも多かったと思います。

日本人は気分も落ち込みがちになる方もいますが、ギャッベを織る、イランの織り子さんにとってはとても幸せな日!
雨がなかなか降らないような厳しい環境で暮らしているので、貴重な水分となる雨は喜ばれているのです。

今週末28日(土)からは、現在開催中の横浜の他に

茨城と佐賀でアートギャッベ展が開催されます!!

イベント期間だからこそ見れる、たくさんの素敵なギャッベを

ぜひ体感してみて下さい!

本日はギャッベのダイニングテーブル周りにおすすめの使い方を紹介いたします♪

魚ミニギャッベ

ことらの魚が泳いでいる可愛らしいアートギャッベ。

ギャッベの中では一番小さなサイズです。
目に優しい若草色のようなベースの色に、華やかに見える赤いおさかなと生命の樹がアクセントになってくれています。
この落ち着いた深い色合いも本当にきれいです。
草原の中の小川に泳ぐおさかなさん達は、みどりが豊かになります様にとの願いでしょうか。
椅子

このアートギャッベ、小さなサイズは椅子へ敷くのもいいですし、床に敷いて座布団、並べると玄関やキッチンのマットにもなってくれます。

お客様からも、ついついダイニングでご飯を食べた後、長居してしまうなんてお話もよく聞きます。(笑)
しっかりと厚みがあるので、ずっと座っていても疲れず、心もからだも癒してくれます。

このサイズは、車のシートの上にもおすすめしています。
自然な心地よさに、思わず通勤の時間が楽しくなってしまいますよ♪

もうひとつ、おすすめな使い方があります。

『ダイニングの下ってどうなの?』

よくご質問いただきます。

ダイニングに

実は、本当に気持ちいいのです。

お子様がいらっしゃる方は食べこぼしを気にされますよね。
アートギャッベはびっくりするほどお手入れが簡単です。

足ざわりってとても大事で、じゅうたんを使っていると人って自然とリラックスするそうですよ。
お家にいる時間が心の底から休めるのではないでしょうか。

リビングや自分のお部屋以外にも、ダイニングテーブルの下・・・本当にお勧めです♪

足

また、チラッと下を向いた時に見えるさりげない可愛らしさのある模様たちに視覚からも癒されます。

ぜひお店にご覧になりにいらしてください。

開催中のイベントと5月28日からのイベントはこちらから!

5月28日(土)~6月5日(日)まで茨城と佐賀にて開催

アートギャッベ展 in 横浜は、5月29日まで開催中!

アートギャッベ展 in つくば

会場:HOMESIC つくば店

HOMESIC つくば店様HPはコチラ

ホームシック

アートギャッベ展 in 唐津

会場:レグナアルターム

レグナアルターム様HPはコチラ

レグナアルターム

 

現在好評開催中!

アートギャッベ展 in 横浜

5月29日(日)まで開催中です!

beau decor 横浜店HPはコチラ

横浜⑤

 

初夏の日差しの中で見る、色鮮やかなギャッベを会場にて体感してみて下さいませ。

自然の色合いを感じてみませんか!

こんにちは、アートギャッベのヘッドオフィスがある新潟市秋葉区は

気持ちのいいお天気で小学校の運動会が開催されていますよ♪

春の優しい陽ざしのなかでアートギャッベを見ていると心が穏やかな気持ちになります。

ギャッベには、数えきれないほどの色がありますが

草木で染めている自然素材のじゅうたんだからこその色合いの豊富さと、表情があるのです。

青

例えばこちらのアートギャッベ、澄んだ藍色が心を癒してくれます。

青アップ

近くで見ると、まるで晴れた日の海岸沿いのよう…

とっても綺麗です。

それだけでなく、ちょっとした遊び心もあります。

鹿と樹

実は小さーく、鹿さんとお花の咲いている木が…

鹿

ここにも!

こんな風にさりげなくいるところがまた愛らしいですね。
アートギャッベって使っていくと、いろんな発見ができるんですよ。

続きまして…

オレンジ

こちらのオレンジのアートギャッベ。

砂漠を彷彿させるような不思議な魅力があります。

オレンジ明

向きを変えてみると、こんなにまた印象が変わります。

実際に見てみると、光沢があり、より美しいです。

このきれいなオレンジ色は、何で染めているのでしょうか…

実は、ザクロの皮です。

zakuro

ザクロって赤のイメージがあるかもしれませんが、きれいなオレンジ色や黄色になるんですよ。

イランが原産の果物で、アートギャッベのモチーフにもなっており、子孫繁栄などの縁起の良い意味も込められています。

オレンジアップ

これはザクロの木でしょうか…

お子様と一緒にクイズのように遊びながら眺めても、楽しそうですね。

同じ一枚のギャッベでも、観る場所やその時の日差しなどで様々な表情を見せてくれます♪

ぜひ、全国のアートギャッベイベント会場やアートギャッベショップで体感してみて下さい!

全国のイベント情報に不具合が出ております。

アートギャッベ展 全国のイベント情報ついて

現在、イベント情報のページに不具合が出ており、皆様に大変ご迷惑をお掛け致しております。

復旧に少しお時間をいただきますので、こちらでご確認くださいませ。

5月14日(土)~5月22日(日)のイベント

 

アートギャッベ展 in 高松
会場:cras
HPはこちらから⇓
http://www.cras-m.jp/

会場の様子

CRAS(ミゾブチ家具)様外観

 

アートギャッベ展 in 名古屋 天白
会場:リアルスタイルHOME
HPはこちらから⇓
http://www.real-style.jp/

会場の様子

リアルスタイル小

 

アートギャッベ展 in 境港
会場:足立ふとん店
HPはこちらから⇓
http://www.anminzoku.jp/

会場の様子

足立ふとん店外観小

 

アートギャッベ展 in 大分
会場:いとしや
HPはこちらから⇓
http://www.nemuriya.jp/

会場の様子

いとしや外観

 

アートギャッベ展 in 横浜
会場:ボー・デコール横浜店
HPはこちらから⇓
http://www.bd-n.net/

会場の様子

横浜⑤

 

 5月28日(土)~6月5日(日)のイベント

 

アートギャッベ展 in つくば

会場:HOMESICつくば店

HP:http://www.homesic.com/

アートギャッベ展 in 唐津

場:レグナアルターム

HP:http://www.legnatec.co.jp/

 

 

 6月11日(土)~6月19日(日)のイベント

 

アートギャッベ展 in 福光

会場:石埼家具 福光本店

HP:http://www.ishisakikagufukumitsu.com/gabbhe.html

 

アートギャッベ展 in 徳島

会場:リビンフォート

HP:http://www.livin-fort.com/

5月14日から開催中のイベント情報

5月14日(土)~5月22日(日)まで5会場で開催中!

全国で開催中のアートギャッベ展はこちらから⇓

アートギャッベ展 in 高松
会場:cras
HPはこちらから⇓
http://www.cras-m.jp/

CRAS(ミゾブチ家具)様外観
 

アートギャッベ展 in 名古屋 天白
会場:リアルスタイルHOME
HPはこちらから⇓
http://www.real-style.jp/

リアルスタイル小
 

アートギャッベ展 in 境港
会場:足立ふとん店
HPはこちらから⇓
http://www.anminzoku.jp/

足立ふとん店外観小
 

アートギャッベ展 in 大分
会場:いとしや
HPはこちらから⇓
http://www.nemuriya.jp/

いとしや外観
 

アートギャッベ展 in 横浜
会場:ボー・デコール横浜店
HPはこちらから⇓
http://www.bd-n.net/

横浜⑤